fc2ブログ

神社に住む魚を飼う

ヤモリ・メダカの飼育
08 /25 2007
 実家に帰省した時、童心に返って、
子供のころによく遊んだ近所の神社に行ってみました。
 この神社は真昼でも森の中のように薄暗く、涼しいのです。
いつも無人なので、こういう聖域は怖い時もありますが、
この不気味さがまたちょっと良かったり?

 橋がかかるちょっと広い浅い池がありましたが、
近年は枯れていたそうです。なのになぜか水で潤っていました。
 今年は、むらの祭りで、アユとウナギを放して
子供達でつかみどり大会も催したそうです。いいですね^^
 喜んで「入ってみようぜ!」と子供とわくわくして足を入れると
氷水のように冷たい!!!
数秒で足がジンジンして長くは浸かっていられません!!
今、37℃の炎天下だというのに、なぜこの水は冷たい?!
母に聞くと、これはなぜかここだけ地下から湧き水が湧いている
らしいとのこと。
私は周囲の田んぼの用水路から流れているとずっと思っていたので
ビックリしました。神社だけ湧き水。不思議ですね~。

 そして、すごく小さくて透明ぽい魚が群れをなして
泳いでました。
生き物が住んでることに感動です。
 たまたまビニール袋を持っていたので、すくって数匹と水草を
持ち帰りました。
20070827103638 一番大きいので体長1cmほど、
小さいの糸のように細く体長5ミリほど。
 メダカに似てるけど…小さいので何なのか分りませんが、
ネットでメダカの画像を検索すると、メダカの稚魚には
そっくりです。やっぱりメダカかな?
 ケースで飼ってます。
 

はるばる連れ帰ってきてから不思議に思った。
なぜ、メダカの稚魚がいるのかしら?
もしや人工的にこの池に放された大切なメダカだったのでは?
持って帰って良かったのかな?(でも行けない)
 メダカを見ると昔やっていたグッピーの繁殖を思い出す
・・・もしグッピーみたいに繁殖できたら、
この池に戻してやろうと思います。

しかしながら翌朝、見ると水槽内のメダカが全滅してました。
ショック・・・・・・・・・・・・・。
昨夜は変わった様子は特になかったのです。
だいたい、生き物を飼ってみて、弱って1匹ずつ死ぬ
というのが多く、元気だったのが全部急死、というのは
少ない事。
原因は見つかりませんが、ストレスがかかったのかもしれません。
ごめんね、連れ帰ったのが間違いだったのだろう。

死なせちゃったかも

ヤモリ・メダカの飼育
02 /07 2006

 拾った赤ちゃんヤモリを室内で保護して3ヶ月。
今日、死んでしまいました。
「キュウキュウ」と鳴くめっちゃ可愛い赤ちゃんでした。
 暖かくなったらもしヤモリを見つけても捕まえる事はしません。

 私の「人間の余計なおせっかい」で
死なせてしまったのとも、思います。
よかれと思ってやった事なんですが・・・。
 
 ネットで情報を調べてて、
ヤモリは「冬眠する」という説と「完全には冬眠しない」
という説があって、
 うちのヤモリは何も食べないまま、冬眠もしてなかったようでした。
湿度だけは常に与え、たまに小さい虫が見つかったら
ケースに入れてやるくらい。
 最近痩せきたので、心配して
虫がない代わりに鶏肉や水を口に入れてやってたのですが、
余計に弱らせてしまったような。
人間がいじらずに、そっと休ませてやったほうが
良かったんでしょうね。ゴメン。

 

冬の美味しいえさ確保!

ヤモリ・メダカの飼育
02 /06 2006
 冬の虫確保のために秋にドングリを収集しておく事は
オススメです。
 見えないけど中に幼虫がいることが多く、
そのまま放置してると冬に穴から出て来るか、
春に成虫になって出て来たりします。
(そのせいで、
毎年子供が貯めてたドングリで
家の中がパニックになってたんですが・・・^^;)
 
 秋に園の遠足でどっさり持ちかえったドングリを
そのままベランダに放置していました。
 久々にすさんだベランダを整頓して気付いたのですが、
ドングリに穴と虫の糞のような物が・・・。
中に幼虫がいそう!

…通常なら「キャーキモイ-!!」てとこですが、
飢えたヤモリちゃんがいるため、
「ラッキー♪」と大喜びしてしまう自分にビックリ・・。

 中にはプリプリに太ったアレがいました。
思わず”美味しそう・・・”
(→よくテレビで原住民とか木の幹はがして
でかいの捕まえて食べたりしますよね。)


yamori.jpg
 残念ながら、おチビで今の衰弱しているヤモリは、
この幼虫を食べる事はできませんでした。
 生きた虫を見てもじっとしてるだけ・・・。
食べたらすごく栄養つきそうなのに・・・。
(写真に写っているピンク色の物はひき肉1個です。)

それはお前の餌じゃない

ヤモリ・メダカの飼育
02 /05 2006
 ヤモリ、元気出てくれるといいのですが・・・。
ヤモリを濡れたティッシュにくるんで
(実は素手で触るのと噛まれるのが怖い…)
鶏肉を爪楊枝の先で口元に近づけます。
そうするとバクッ!!と爪楊枝ごと噛みつきます。
こんな事を繰り返して、鳥の糞のような
白い糞を少し出すようになりました。

・・・食べてくれていると思っていたのですが、
なんと、後で吐き出していたようで、
鶏肉がケースの中に全部落ちていました。
胃に入ってなかったのか。ガックリ・・・。

しかも、同居中のクモが嬉しそうにしっかりと鶏肉を
抱きかかえて食べていました。
 あんたにあげたんじゃないのに~。でも・・・
ああ、お前も食事は久しぶりだもんなあ・・・。
クモって蓄肉も食べるんですね!

冬のヤモリ保護中。

ヤモリ・メダカの飼育
01 /31 2006
20060203113005冬前に保護した子ヤモリ、
実はずっとプラケースで保護していました。
こんなにちっちゃいんです。すごく可愛いです。
 でもヤモリは生きた虫しか食べないのです。
虫のいない冬なので
結果、ほとんど水だけで1ヶ月以上生きていました。


 最近、急に痩せこけて、ふらつきだしたので
半強制的に鶏肉を爪楊枝で与えました。
 濡らしたティッシュで体を包んで餌付け。
鶏肉を口の前に持って行ってもなかなか食べようとしない
ヤモリですが
(この辺はカマキリと一緒で、
生きた虫じゃない物を食べさせるのはかなり根気がいる)
一度、口をパカアッと開けると
バクッ
と爪楊枝ごと噛みついて
絶対離さないのです。その力はスゴイ。
 そして噛むのではなく、ゆーっくり時間をかけて
喉から食道へと丸呑みしていくようです。

 ちょっと元気になりました。
鶏肉の場合はカルシウムも与えないと栄養不足に
なるらしいのですが。
春になって早くお庭に引越しさせたいです。

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年