fc2ブログ

カマキリの飼育と観察 一つの飼育ケースにカマキリを同居させた結果…

カマキリの飼育
08 /28 2005
飼育するカマキリが5匹になって
しまいました。
ケースは3つで、1匹はミニトマトに野宿、
1匹は小さな空き容器に入れています。

一つのケースを真中でしきって二部屋にし、
同じ所から見つかった4号と5号がお隣同士、同じケースの中で
暮らしている状態になっています。

仕切りは、切り開いた牛乳パックを適当にケースの大きさに合わせて
切ったものですが、これはかなり便利です。

…が、少しの隙間ができていたようで、
どちらかが隙間から入りこんで、
一つの部屋でカマキリ4号と5号が鉢合わせしてしまいました。

気付いた時には、ちょっと大きい5号の方が、4号を
食べ始めていました。

ショックです!

…5号の事が憎たらしく思えました。
しかし、私の管理の仕方がいけなかったのです

5号は自分の体ほどもあるカマキリを食べて
ますますポッチャリして見えます。

エサが多ければ共食いは起こらなかったのかもしれません。
虫の飼育は難しいです。


虫はベランダに置いています。
午後はコンクリートが灼けたり西日でけっこう暑かったりして、
生き物を1日中置くには不向きかもしれません。

ネットでカマキリの飼い方や体験談を検索すると、
カマキリは湿った環境が好き、霧吹きで水気を与える必要がある、
水を飲むのが好き…などとあります。

こんな暑い所にケースを置いていたら、すぐに乾燥してしまいそうです。

カマキリの幼虫のエサは毎日、私がせっせとオンブバッタを駐車場や隣の公園から
複数捕まえてはカマキリケースに入れて、お食事の補給は
事無きを得ていたのですが、

暑い日が続くと時々、食欲が落ちてカマキリが痩せている気がします。
 
カマキリ2号はちょっと弱って痩せています。
エサを俊敏に捕ることもしません。
痩せて触角もなぜか短くなっていて
ずっとなにも食べてないように見えます。

そのため、ケースから出して、ミニトマトの苗に乗せて
しばらく広々とのんびり休ませているのです。
やはり、つるつるしたケースの中より歩くのが楽そうです。

虫は小さくて飼いやすいのですが、
小さくてデリケートなだけに
生かそうと思えば、気を遣うところも多いです。

鳥取砂丘゛日本一゛の夕焼けが神秘的です 訪問おすすめのタイミングは

山陰
08 /26 2005
鳥取砂丘

近所、日本一大きい鳥取砂丘の日没時です。
携帯で撮った写真では、本物の美しさが表せないのが
残念です。

日没にかかる時、砂丘と日本海のパノラマは
ラベンダー色から強烈なオレンジ色へと一気に変わっていき、
携帯のこの画像では残念ながら表せないほど神秘的で
まるで別世界でした。
誰もが感動して写真を撮りまくっていました!

この写真を撮るならば、
一年のうちでは晩夏の午後6時ごろがちょうどいいようです。

この後、一気に日が沈んで空の色が変わってしまいます。

広くてここまで歩くの大変です。

ちなみに日中はラクダがいますが、
「日中は砂が50℃ぐらいになるのでサンダルなどでは歩かないで下さい」
などと看板が立っていました。

夏は夕方に行くのもおすすめです。
夕方ならひんやりした砂の上を裸足で歩けるので、
とても癒されました。

鳥取砂丘

中国自動車道「佐用JCT」 ー 鳥取自動車道「鳥取IC」
鳥取IC から約20 分

路線バス
鳥取駅バスターミナル ー 鳥取砂丘 約20 分

カマキリの飼育と観察 変態と不完全変態の違い カマキリ3号の羽化。

カマキリの飼育
08 /14 2005
順調に我が家で過ごしているカマキリの子供達は
たまに脱皮しています。

今まで、カマキリが脱皮することを知りませんでした。

成虫になるまでは羽根がなく、数回の脱皮を繰り返しながら
大きくなり、最後の脱皮で羽根が生えた成虫になるのだそうです。

何気に飼っていて、気にもとめていなかったのですが、
カマキリは他の虫と違って幼虫の時からすでに
成虫と同じ形をしていることに、改めて気付きました。


変態と不完全変態の違い

変態
幼虫から成虫になるまで
形態が変わること同じ姿をしている。

卵→幼虫→さなぎ→成虫
で姿が違う。


不完全変態
幼虫から成虫になるまで
ほぼ同じ姿をしている。
さなぎにならない。



そんな知識をネットで知った矢先、
我が家の2号に異変がありました。

脱皮したらなんだか雰囲気変わっていました。

よく見ると、背中に薄くて長い羽根があります。
カマキリ2号は大人になったようです。

おめでとう。という感情が沸き起こったと同時、
今後は飛ぶと思うと、急に2号が怖くなりました。

虫を飼育するといろいろな気付きが得られます。
大人も子供も勉強になりますよ。

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年