fc2ブログ

カブトムシのマット

カブトムシの飼育
09 /29 2007
 カブトムシグッズ、もうホームセンターでも売ってないよねえ。

成虫も生きていますが、ゼリーも売ってない。

マット。奥が深いようですね。

売ってるマットを買えばよいのでしょうが、

発酵やら失敗も多いようなことをどこかで読んだので、

腐葉土にしました。

 私は、ホームセンターの園芸コーナーで買った

天然広葉樹100%の腐葉土にカブトムシ・クワガタ用のクヌギマットを少し混ぜています。

 腐葉土は無農薬でなければいけませんが、表記してない物が

多いのです。

 これも無農薬とは書いてありませんでしたが、

ホントにいかにも天然て感じに森林から拾ってきた

ただの葉っぱの詰め合わせぽい腐葉土で、

成虫から利用してて調子が良いので、大丈夫なようです。

ただし、でっかい葉っぱの形のままなので粉々になるまで必死に砕きました。

小枝もけっこう混ざっていてこの作業は大変です。

 クヌギマットは、見るからに思いっきり木の幹100%じゃん(笑)

でも袋に「カブトムシ」とも書いてあったので

エサが

クワガタの幼虫→クヌギの幹、カブトムシの幼虫→土

という基礎も知らない時に買って来ちゃったものを、

もったいないので腐葉土に混ぜてマットにしてます。

素人が作ったマットだから幼虫が育つか不安なんだなあー。



↑カブトムシ、クワガタの飼育・繁殖に重宝しそうです。



消える命と新しい命

カブトムシの飼育
09 /28 2007
成虫♂が、死んでました。10月間近、寿命が尽きる頃なので仕方ないですね、残るは♀二匹になりました。
一方、卵を集めた容器を見ると土の中に計二匹の幼虫が見えました(^-^)v
掘り起こさなくても見えたのは初めてで、自然な姿が嬉しかった。
撮影しようと携帯を取りに行っている間に見えない所にもぐってしまいました。でも、ペットボトルだからまた透けて見えるチャンスはいつでもあります(′~`)

カブトムシ孵化目撃^▽^

カブトムシの飼育
09 /25 2007
 2匹目の幼虫ちゃんを見つけました。

割れた卵の殻からまっ白くてプリプリつるつるな赤ちゃんが

はみ出ている状態。

丸まってるから分かりにくいけど、体長1cmにも満たないでしょう。

 なかなか生まれんな~と寂しい思いをしていたから、

とても嬉しかったし、その幼い真白い姿・・・

光り輝くようで、生命って素晴らしい!って感動しました!!←大袈裟?


 卵を別容器(ペットボトルの上部を切り取った物に土を入れている)

に何個か移して孵化を待っている状態です。

 生まれた日にちがそれそれ違うから、孵化も順番と思います。

確か産卵から孵化まで10日ほど。

最初に発見してから10日間ヨユーで越えてるじゃん・・・・

と思っていた矢先の嬉しいお誕生でした!

 どうやら、卵は色形が変化していくね・・・。

細長く、白→まん丸く、白→まん丸く茶色がかってくる

茶色がかるのは、土の色に染まっていくのか、孵化が近づくために

変色していくのかは「?」ですが。

幼虫が消えた

カブトムシの飼育
09 /25 2007
 22日晩に孵化した幼虫を見つけ、とても幸せな気持ちになっていました。

 でも、今朝、土のメンテナンスをしているといくら探しても

幼虫ちゃんが見当たりません。

うまくどこかに隠れてるだけなら良いけれど、もう死んでしまったのか、
とハラハラ。土が合わなかったのか、成虫に蹴られたか…と。

かえっていない卵はいっぱいあります。毎日ペースで産んでるようで、

卵の一部は温存のためにペットボトルに移し替えています。

 ところで、幼虫のルックス。大きくなったらキツイな――…。(´д`||i)

今は、コレが私が最も苦手なハズの「プニプニな幼虫」だとしても

「赤ちゃん」って・・・罪よね・・・。見ちゃうと

可愛いーーっお守りしてあげるね!と母性本能に火がついてしまい、

いとおしくてしょうがない・・・。このまま、いとおしい気持ちで

羽化させてあげたいけれど。

 女なのに、良い大人なのに虫飼ってちょっとキモイかな?って

自分で悩む事があるけど、ネットでカブトムシの飼い方について

検索すると、同じような女性の方のブログも見つかり、

ちょいとホッとしました。

ま、大抵、それも子供経由で飼っておられるお母さんで、

その点も同じ立場であります。

虫が苦手だったのにいつしか平気に・・・というのも同じ(笑)

カブトムシ孵化(小さすぎて写真撮れないので自分で絵に描きました)

カブトムシの飼育
09 /22 2007
 最近、毎日、土の浅い部分に卵が数個見つかるので、

別の容器に卵を移し替えています。

卵チェックしていると虫発見・・・て、これ孵化したカブトムシの幼虫?!

・・・早速、子供が図書館から借りてきたカブトムシの本を開くと、

まぎれもなく、同じ姿の幼の写真が載ってました。

やったあ、初めて家の卵で孵化したカブトムシ幼虫を見ました!

 0923kabutomusi.gif
←小さすぎてうまく写真には撮れなかったので、実物大の絵を

自分で描きました。卵もね。

幼虫の体が黒いのは、食べた土の色が透けて見えてるからです。

 卵は「オクラの種」にそっくりだとよく思います。

生まれてすぐは細長く、次第に丸くなるそうです。

 大きさがいつも2種類あるのですが、小さい方は同居しているカナブンの

卵かもしれない?

24時間テレビですくえなかった金魚

熱帯魚の飼育
09 /22 2007
20070922095931
すくえた人いるんだろうか?
明らかに金魚すくいサイズではなかったような・・・?

オンブバッタの飼育 雑穀米が発芽してベランダで成長

オンブバッタの飼育
09 /12 2007
雑穀米の入った白米のとぎ汁を鉢植えにやっていたら
発芽して、放置しておいたら高さ10cmほどの苗に成長しました。

でも15種類ブレンドのうちの予想される
もちきび、もちあわ、発芽玄米、はと麦、白ゴマ、黒ごま、ひえ、発芽
小麦、アマランサス、キヌアのどれかは分かりません。
 
オンブバッタ
オンブバッタの♀が来て
葉をおいしくいただいていました。

最初に4匹いたオンブバッタが脱走やらで♀1匹になってしまったけど、
この季節は成虫となり繁殖にいそしむ貴重な時期なので、
公園からオンブバッタの♂を連れ帰りました。
(逆にうちの♀を手放して公園に帰すという方法もあるんだけど、
寂しくてできませんでした。)

その結果、また♂2♀2の計4匹になりました。

バッタを住ませているアップルミントは葉がどんどんかじられ、
糞もいっぱい落ちていました。どんどん食べてほしいです。

面白い事に、
今ミントを見たらオス1匹しか見えないので(他のはどこ行った?)」
と心の中で聞いてみたら、バッタが一瞬前脚で
さっ、と雑穀米の苗の方を指すような動きをしたので、
「まさか~」とは思うけど、教えてくれたみたいで
実際に雑穀米の苗を見たら♀がいたのです。

で、試しに♀にも
(他のはどこ行ったか知らないか?)
と尋ねると、後脚をシャッ!と蹴り上げました。

それは、ベランダの向こう。つまり、「脱走した」ってことになります・・・。

・・・偶然の動きとはいえ、なんだか虫と会話できたような
面白い経験をしました。

↑バッタ飼育3年目・・・そろそろ私も痛い人間になってきたのかも!!

カブトムシが産卵

カブトムシの飼育
09 /07 2007
土の上に丸い卵らしきクリーム色の物体を2個発見しました。

5㎜くらいの物と3㎜くらいの物。

しかしなぜ土の表面に卵があるの?埋めなくてはと思い、

土を掘ろうとすると、浅い所から卵が次々出るわ出るわ。

←深い土の中に戻す前に、撮影。


昨夜から、ケースがきしむような硬い音が聞こえていたんです。

朝も聞こえるんで、よく見るとケースの底で誰かが

全身を動かして何かしてました。ケースとこすれる音のようです。

けっこう大きな音です。甲虫のパワーを改めて感じます。

 そこに潜るのは必ず♀なので、産卵に関係する作業をしているのでしょうね?

・・・見てると♀が土から出てきました。頭に卵1個ついてた!

もしや、土の表面に卵がある原因は、成虫が土の中を移動する時にく

土を攪拌(かくはん)して卵の場所が変わってる、せいじゃないかしら?

よくゼリーカップや木も底に沈んでるもんね。

成虫が卵をつぶしたらいけないので、♂達はもう一つのケースに

移しました。

オス同士で交尾ダメだこりゃあ【カブトムシ】

カブトムシの飼育
09 /05 2007
 ♀2匹、♂4匹。

メスは土にもぐって出てこない。
産卵中かも、と期待してしまう^^

 一方オスは、オスの頭に乗っかって腰を振っています。
あーダメだこりゃあ。
しかし気の毒に(笑)どうしたら防げる?

 繁殖させるためのペアは「メス2匹にオス1匹」で飼うのが良い

とどこかで読みましが、うちは逆でオスが多いです。
 オスが多いとケンカになって寿命縮むから、
オスを糸一度にたくさん飼わないほうがいいみたいです。

・・・今は4匹だけど、最初はオス8匹位入ってたんだよ(笑)

あの梨園からは不思議とほとんどメスが見つからなかったけど、
とにかく捕れ放題(笑)で、計30匹くらい簡単に見つけました。
 地面に落ちている腐りかけの梨が好きなんです。
持って帰らなかった残りは実家で飼われている模様。

9月に入るとそろそろ「お別れ」が気になる。
去年は♀1匹が10月まで生きていたけれど・・・。

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年