fc2ブログ

水草がスペース占領・・・

熱帯魚の飼育
10 /31 2007
20071031095503水草の状態が良すぎて、どんどん増えていきます。
金魚ちゃんのバケツが狭くなってきました。
 同じ水草を熱帯魚水槽に入れたら、日照不足で
3日でダメになったんです。
このバケツは水槽の横に置いてるのに、この違い。
水草にとってはずい分環境が良いようで。

今日のうちのカブトムシ

カブトムシの飼育
10 /28 2007
20071028172321

1・5㍑ペットボトル容器。
土は腐葉土。
幼虫は2頭、孵化した時期が違うのでと大きさに差があります。

結局、卵は分っているだけでも20個以上は確認し、
孵化した幼虫の数も計10頭以上は見かけてきたのですが…
只今、たったの2頭です。
もうこれ以上は減ってほしくない数ですよね、
でも、私はカブトムシ初心者なので不安です。

怖いロゴ?なぜか怖いと思うデザインのロゴがあります

PC・インターネット 
10 /19 2007
ロゴや看板がなぜだか怖い・・・
これって私が特別怖がりなのか、かと思っていたら、そうではないんですね。

子供の時は怖いのいっぱいありました。
企業のロゴに怖いのが多いです。

 昔テレビでよくあった
「しばらくおまちください」が怖いというのに通じる気がします。

2020年
大阪・関西万博のロゴも「怖い」との意見が。
コロシテくんというあだなもついているそうです。

マット作り。ふるいとすりこぎと腐葉土と。

カブトムシの飼育
10 /18 2007
昨日、霧吹きを忘れていたら土がパサパサになっていて
幼虫大丈夫かな?と思いましたが、2頭はうんこをブリブリ排出して
生きています。
20071018151013220071018151013


200710181503272←見えるかな?ホント、うんこ多いです。
100円ショップで買ってきたふるいにかけて
糞を除きます。

20071018150327新しく追加する腐葉土は、もともときめが荒いです。
このふるいと100円ショップで買っていた
すりこぎで腐葉土をすりながふるうと、
とてもきめの細かい柔らかい腐葉土ができます。

最後のカブトムシ死す

カブトムシの飼育
10 /16 2007
 成虫♀が死にました。
これで成虫はすべていなくなりました。
 お疲れ様、ありがとう。という気持ちで
ケースから取り除きました。

 死骸は土に埋めてあげるのがベストでしょうが、
うちは庭を持っておらず、可燃ごみとして処分しています。
 去年は河川敷の土に埋めたんですけどね、
びっくりなことに私は半年後に別用で河川敷に行った時、
偶然に同じ場所を訪れたらしく
自分が埋めたカブトムシが剥き出しで落ちてて
ドキーーッとしました。
埋め方が浅かったのかな。
全然土に戻らず、死んだ時の状態でした。
なんか嫌だったので、土に埋めるのをやめました。
 
 「ごみ」という扱いが気になるかもしれませんが、
「可燃ごみ」として処分するのは衛生的です。



カブトムシの幼虫の成長具合と糞のすごさ

カブトムシの飼育
10 /15 2007
 幼虫ペットボトルの土のメンテナンスをしました。

2匹しかいなーい。卵は3個ありました。

 数匹いたはずの一齢の幼虫達はどこへ?
死んで、消えたのですね、残念です。

 今までに確認しただけでも卵の数は計20個はあったので
ほとんどが育ってない事になります。

 2匹の幼虫ちゃんはぷくぷくと太っております。
お前達は虫だけど、脇腹の点点がきもいけど、
やっぱ自分の虫だからか、かわいいぞ。 
 
 土は、長方形の形をした黒い糞がいっぱい混ざっていました。
大きい物は3㎜×5㎜です。
糞をある程度除くと土はぐっと減り、腐葉土を補充しました。
ペットボトルも手狭になってきたかもしれません。

オンブバッタの飼育 あぶれる♂

オンブバッタの飼育
10 /13 2007
オンブバッタ
床の上でぽつんと寂しくたたずむ♂の手前のミントでは、葉の上で交尾にいそしむ♂と♀。
以前は♀に♂が1匹乗っていたが、最近はあぶれた♂の方がひとりぽつんとしています。

後日、オンブバッタのオスが1匹死にました。
メス1匹、オス2匹の状態になってから、
最初はオス2匹が互角にメスを取り合っていましたが、
途中で死んだオスのほうの後ろ足が1本取れたのです。

足が1本なくなってうまく動けなくなりました。
当然、競争に負けます。それから足のないオスはいつも
ひとりでポツンとたたずんでいました。
行動がうまく取れない事で体力も奪ったと思います。
1匹早々と寿命が尽きました。

最近は朝晩が冷え込むので、ケースの中に入れて、
日中の暖かい時はプランターに放しています。

お前は鯉なのか金魚なのか~金魚すくい~

熱帯魚の飼育
10 /12 2007
 夏に毎年お祭りなどで金魚すくいやっては、
しばらくバケツで飼うんです。
 たいてい、1匹ずつ死んで冬くらいに全滅です。

 今いるのは1匹。
日本海テレビで「24時間テレビ」のチャリティーでやってた
金魚すくいに、子供がいどんだわけですが、
見るからに金魚が今まで見た金魚すくいの中で
でかかったです。
案の定紙破れたので1匹もらって帰りました。
 
 今年の夏は数匹手に入れました。
一緒に泳いでいて、こいつだけでかくて変なんですね。
柄も錦鯉みたいで、「鯉疑惑」が持ち上がりました。
 結局秋まで生き残っているのがこの「錦鯉」1匹だけ。
体力にも差があります。
kingyo.jpg今、体長7cmほどです。
上から見たら錦鯉そっくりですが、横から見たら
体型はやはり金魚です。



 1日にいくらでも餌を欲しがります。
ねだられちゃうとついついあげちゃう。
家族で可愛がってます。
 今までの金魚の場合、冬は越せませんでしたが、
そのうちにバケツもきつきつになるんだろうなあ、
もしそこまで生きてれくれたらどうしようって
話してます。

カブトムシ生き残るのは最後まで生き残るのはオスかメスか

カブトムシの飼育
10 /11 2007
 真夏に最多で10匹ほどいたカブトムシも、メス2匹だけに
なり、そしてメスの1匹が死にました。

 メスの小さいほうが死にました。
 
毎年思うのは、カブトムシで最後まで生き残るのは
大きいメス、という事です。
虫全般に言える事で、オスの方が早死にです。偶然でしょうか?

 年老いたメス達は、体に茶色い粉が粉をふいたようにびっしり付き、
特に節や眼にびっしり付いていて、取り除くのが難しいです。
これはなんなんでしょう?
 脚は先がなくなっているせいか、うまく動けません。

 ちなみに記録によると、去年は10月29日もメスが1匹
生きていました。
しかし、私のミスでゴキブリホイホイにひっかかって
ダメージで死んでしまいました。
ホイホイにひっかかってなければもっと生きたはずですね。
今年のはたくさん産卵したからだろうか、もう弱っていて、
10月末までもちそうにありません。

熱帯魚も家族

熱帯魚の飼育
10 /04 2007
約6年飼育していた熱帯魚が死んだ。晩夏から気の荒さがなくなり、背中曲がってやせていった。
もう歳だから仕方ないね、って言ってたんだけど、いざ死んでしまうと寂しい。ライバルだったベタも心なしか寂しそうだ。
子供が
前からずっといるのが途中でいなくなるのはやだ、と言っていた。
子供とは同い年で6年も経つとすっかり人馴れしていて、笑いを提供したりもしてくれた。
魚なのに家族の一員のような感じだった。
同い年のエンゼルフィッシュはまだ元気。こいつは何年生きるのかな?

オンブバッタの飼育 二匹おんぶ中

オンブバッタの飼育
10 /04 2007
オンブバッタ

オンブバッタ

♀が一匹しかいないので♂が取り合いです。
二匹おんぶみたいな感じになることもあります。

テレビの「しばらくおまちください」が怖かったのは私だけではなかった【放送事故】

PC・インターネット 
10 /03 2007
 カブトムシやら調べるためにあの

「2ちゃんねる」を閲覧してみたんですねー。

そこでみかけた「オカルト板」。ちょっとはまっています。

私はオカルトとかホラーとか興味ないんだけど、怖くない

くだらなーいスレが多いので夜布団の中で寝つけない時、携帯で

「オカルト板」楽しませてもらってます。

怖いTV(ドラマ・CM・ニュース等)で知ったんだけど、

テレビで放送事故があった時切り替わる画面

「しばらくお待ちください」

あれはTVの3大こわいものとかで。

(あとの2つは、「OP/ED」ともう1個はワスレタ )

確かに子供の頃、怖かったです。でも私だけかと思っていました。

夜とか、一人の時にとかに>「しばらくお待ちください」になると

逃げ出したい感じで、

夜中も思い出して怖くなっていました。

・・・でも何が怖いんだか、よく分からないんですよね(笑)

しいて言えば、いきなりあの独特な字体と絵の動かない画面が

不気味なのでしょうか?

 OP/ED(テレビ局の放送開始・終了時の画像)は逆に大好きです。

わざわざ見てました。夜中に一人で見てもOKでしたが。

今は今で見るとデザインの勉強になります。


10月の成虫と幼虫。

カブトムシの飼育
10 /03 2007
20071003135148  ケースに成虫メス2頭(子供の飼っているカナブンも同居してます^^;)と、

孵化した幼虫3匹ほどがいます。

孵化していない卵も何個かあるようです。


 メスは、9月半ばから弱ってきました。

あんなにブンブン飛び回って、ゼリーをガツガツくらっていたのが、

ゼリーも全然減らないし、もぐってるかぼーっとしてるか、です。

 もう秋だから仕方ないし、メスだからあれだけ産卵すれば疲れる(?)
でしょうね、ゆっくりと老後をお過ごしください、て気持ちです。

 木にも上れません、オスはいなくなったので、止まり木を入れずに

ゼリーは土に乗っけてます。(多少食べやすいようです。)

20071003140451
ペットボトルには幼虫が5頭くらいかな、
一番でかいのがどうやら2齢に入ってるようです♪
あとの数匹は1齢です。

 
 正直、そもそも虫嫌いだった女の私にとって、

幼虫のビジュアルは2齢までが私の限界・・・(ノД`)

3齢の「それにつけてもおやつはカ○ル」みたいな

太ったでかいヤツ・・・こわいなあ・・・

自分で育てていくうちに可愛く思えるかな?

もちろん途中で飼育放棄は絶対しませんよ!

幼虫いっぱい確認

カブトムシの飼育
10 /02 2007
 半分に切ったペットボトルに土と卵を入れています。

2匹確認できた幼虫は、ここ2~3日1匹も見えなくなり、

生きているか死んでいるか不安でした。

 表面に卵から孵化中の幼虫がいましたが、弱々しく、見ると

ダニが1匹ついてるしー。

そしてその後死んでしまいました。

 ダニのせいかは分りませんが、ここんとこダニも増えてます。

(時々霧吹きの回数を加減してダニが増えすぎないよう気をつけてはいるんですが)

マット、交換するかなあ?幼虫たちの安否も気になるし、

新聞紙を広げてマットを全部出しちゃいました。

するとごろんと出た。一回り大きくなった幼虫1匹と、

3匹ほどのチビ。(←増えてる)

 マットを美味しくいただいてとっても元気に過ごして

いらっしゃったようです。単にもぐっていただけなのね。あ

ははは、心配し過ぎでしたね^^;

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年