fc2ブログ

スーパーで買ったバジルを植えて

花・ハーブの栽培
10 /20 2008
2008102008120020081020081157


スーパーの野菜売り場で買ったポット入りのバジルをクッキングするのではなく
プランターに植えて秋は、オンブバッタの餌にしていました。
 食いつくされて一時は葉が丸禿げになり、
バッタ全滅後にまた新芽が出てきて順調に復活しはじめました。

  丸禿げになる前に、万が一全滅に備えてキープのために
茎を一本挿し木をしてました。
 バジルの挿し木は失敗続きでしたが、今回初めて成功。
1ヶ月ほど経ってやっと根が付きました(´∀`)

 バジルの挿し木は簡単だと言われますが、発根剤を使うとベターなのかな、
今回活力剤はメネデールを使ったので成功したと思ってます。

脱皮した脱け殻

カブトムシの飼育
10 /15 2008
20081015200613
一番成長の早いカブトムシ幼虫の顔つきが変わっていた。
体も一回り大きくなって…と思ったら、不気味な脱け殻見つけた。(写真 左)
履く時のパンティストッキングみたいにくしゅくしゅです…
脱いだ「顔」もついてた・・・・気持ち悪いw

オンブバッタの飼育 季節の変わり目に注意・越冬は難しい

オンブバッタの飼育
10 /05 2008
小さな生物を飼育している場合、季節の変わり目には
注意が必要です。

急に気温が下がった日、その逆に急に夏日になったような日は
色々な生物が大量に弱ったり死んだりしがちです。
10月は人にとっては過ごしやすい時期ですが、
小さな生物がたまに弱ることはあります。

オンブバッタは9月に入ってから♀が♂をおんぶするようになりました。
秋には生涯を終える彼らは、毎年この時期になると死ぬ間際まで
必死に繁殖行動にいそしんでようです。

ただ乗っているだけの時
オンブバッタ オス メス
と、
♂が斜めに乗っている時は合体中
オンブバッタ オス メス
とがあります。

私の想像では、ただ乗ってるだけの時は♂がほかの♂にとられないように
♀をキープしているように見えます。

たまに♀が拒否するかのように脚で♂をキックして追い払うこともあります。



初夏に我が家のベランダのプランターで生まれた大量のオンブバッタも、
気づくと全滅していました。
最後の一匹がどこを探してもいませんでした。

毎年、オンブバッタは冬ぐらいまでは残るのですが、
今年は10月に入ってすぐ全滅、と早かったです。

もしかしたらまた来年も、プランターからは大量の赤ちゃんバッタが
生まれてくるのかもしれません。

今年の春は30~40匹は赤ちゃんが生まれ、
ミントを始めプランターの植物を見事に禿げになるまで
食いつくされました。

これが畑に出るなら、とんでもない害虫です。
早急に農薬で駆除されるでしょう。

我が家のミントとバジルも葉がなくなったため、
現在はひょろ長い茎が残り、
バッタが死んでからやっと数枚の若葉が出てきました。

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年