fc2ブログ

セセリチョウ訪れる

花・ハーブの栽培
08 /28 2012
 うちのバルコニーにはよく昆虫が訪れます。
マンションだけど2階だから来やすいのかもね。
 今日は、ミニトマトの葉に茶色くて三角の羽根の蝶がとまっていました。
一見、私の嫌いな蛾にも似ていますが・・・
昼間の太陽の下にいるのは蛾じゃないだろう、
大きなパッチリおめめが可愛いので蛾じゃないだろう、
そして子どもの頃の記憶で見たことがある・・・
といいことで蝶だと認識。
 しかし、こいつ、蝶のようにヒラヒラ飛ばずに
「ぶーーん」といいながらまっすぐに飛んでくるので
蝶とは思えず、怖かったです。

 ネットで調べるとセセリチョウでした。
ミニトマトの受粉に一役買ってくれるといいなと思いましたが、
いなくなりました。

カブトムシの卵を確認

カブトムシの飼育
08 /28 2012
今年は育てたカブトムシが逃げたために、
現在オスとメスの1ペアしかいません。
 ケースを外からのぞいてもマットに卵が見当たらないので
今年は産卵していないのかなーと寂しく思っていましたが、
ちょっと思い切ってマットの底をほじくり返してみたところ、
ざっとほじくって4個の卵が見つかりました。
嬉しかった( ゚∀゚)

毎年やることですが、別容器に移し替えました。
本当は卵はいじらない方が良いらしいのですが、
私の経験だと卵をそのままにしておくと
幼虫が死にやすい気がしたのです。

去年はいっぱい卵が捕れたので衣装ケースで
飼育しましたが、今年は多くないと思うので
ペットボトルの上を切ったものに入れました。

ベランダ菜園 マイクロミニトマトを興味本位に栽培したところ…

ベランダ菜園
08 /25 2012
マイクロトマト
バルコニーで栽培しているマイクロミニトマトです。

スーパーで直径1センチに満たない小さいトマトを買い、
味も良く珍しかったので、何気にプランターに種を数粒まいてみました。
この方法で、初心者でもとりあえずはトマトが作れることがわかりました。


発芽から放置していたのですが1本の苗が
高さ50センチほどと立派に育ってしまいました。
小さい花がたくさん咲いてます。
スーパーで買った商品のように、鈴なりに実がなると嬉しいです。


9/4
マイクロミニトマト
咲いた後の花が落ちて茎だけになっています。
トマトを育てるのが下手で、
今までも花が落ちて実がつくまでに至りません。

「受粉させると実がなりやすい」
と聞いたので、言われたように
ゆすって花粉を飛ばして受粉させました。

花が小さすぎてどれが雄花・雌花が
わからなかったのですが、
この方法でおそらく受粉できるとのこと。


9/7
マイクロミニトマト
初めて実がついているのを発見しました。
たくさん花が咲いてきて、今頃やっと1個です。
受粉が効いたのでしょうか…?


そして結実しました。



シジミチョウが来てる。



9/30
マイクロミニトマト
台風17号が近づいています。
まだ小雨だけで風はありませんが、
バルコニーのプランタなどを暴風ネットでカバーして対策しました。
丁度今、マイクロミニトマトの実が初めて赤くなろうとしているところです。
(写真の奥に小さいオレンジ色の実が)
暴風雨で落ちてしまうのはショックです。


10/4

マイクロミニトマト
マイクロミニトマトが初めて赤くなりました。

ミニトマトと比べてみてもかなり小さいです。
小さすぎますね!

味は、皮が硬くて酸っぱいです。
スーパーで買ったマイクロミニトマトは
甘くて美味しかったのですが、
その種で素人の私が栽培した実は
こんなにも味が違います。



夏を越してからぐんぐん伸びて、11月の今、青い実が1 00個くらいついています。
露地栽培で気温が低いから赤くなるかなあ?

12/3
マイクロミニトマト
12月に入りましたが、ベランダのマイクロミニトマトは鈴なりです。
これから収穫期を迎えようしています。
防風シートだけはかけていますが、
家庭菜園の露地栽培では寒すぎると思います。

2/26

実はたくさんなったものの、食すには至りませんでした。

温室を用意してやれば良かったですね。



バッタにカブトムシゼリーあげる

カブトムシの飼育
08 /16 2012

うちに住み着いてるバッタ(多分ウスグモスズ?)は
ボイセンベリーの葉をかじります。
調べたところ、肉食でもあるようで、糖分や熱帯魚のペレットも食べるとこと。
歯だけじゃ栄養が足らない??と思い、うちのカブトムシの食べ残しのゼリーを目の前に置いてみました。
すると、触角でツンツンして確かめた後、ガツガツ食べてました。

「アオマツムシ」ベランダに見たことのない虫が居候して戸惑う

花・ハーブの栽培
08 /07 2012
ウスクモスズというバッタに初めて遭遇したときの体験です。


バルコニーのボイセンベリーの葉に穴が開いていると思ったら・・・
犯人を発見しました。
しかも見たことがない虫です。
小さいバッタ?

マンションなのにわざわざよじ登って来たのでしょうか。
このときは、昆虫エクスプローラで調べたけどあまりよく分かりませんでした。




我が家のバルコニーに住みついた謎の昆虫。

プランターの葉を喰うので捕まえて、観察しながら調べていました。

バッタの仲間だとはわかりますが、ネットで調べても
「これだ!」という虫が見つからず…やっと、
ウスグモスズというバッタが一番近いことがわかりました。

カネタタキ?
ヒバリモドキ?

あれこれ迷いました。

多分ウスグモスズじゃないかと思いました。

で、せっかくマンションのバルコニーまでお見えになったので
そのままプランターに住ませてあげることにしました。
葉を喰うといってもわずかですし…。





帰省していて帰宅すると、例のバッタの姿が見つからなくなり、
葉のかじり跡も増えないので、ここにはいないのだと思っていました。

昨日、はき掃除をしていて真下に何かが脱皮した殻を見つけました。

今朝、プランターを見ると葉の穴が増えている気がしたので、
探すといつもの位置に何かいました。

ところが、形が明らかに違います。調べると今いるのはアオマツムシのオスです。

そしてウスグモスズかもしれないと思っていた以前のバッタは、アオマツムシの幼虫でした。
アオマツムシの幼虫はカネタタキににているのだそうです。
カネタタキ、ヒバリモドキ、ウスグモスズ、アオマツムシの幼虫、ここら辺は似ているのだとか。
やっと正体が判明しました。スッキリ。




ボイセンベリーの樹に住み着いていた1匹の
アオマツムシはいなくなりました。

虫でも寝床を決めるらしく、昼間はいつも同じ葉の上に
乗っていて、夜行性なので夜になるとほかの葉を食べに
出てるようでしたが、
寝床を見ても樹全体を見ても、また、
バルコニー全体を見てもいないようでした。
 葉のかじられ後も全く増えていないので、ここにはいないのだと思います。

こいつがいる時は、
・ガーデニングの葉がかじられてしまうこと
・仲間がいないので繁殖できないのが可哀想

という点が気になっていました。
自然に帰ったならそのほうがこいつのためにも良いですね。

アオマツムシは
・幼虫は成虫と姿が違う
・幼虫の時に害虫がいそうな樹木によじ登る(だから幼虫の時にうちに来たのか)
・オスはきれいな声で鳴く(うちのは一言も鳴かなかったメスがいないからか)
・オスは背中に複雑な茶褐色の模様あり
・肉食ですが葉も食べる(カブトムシ用のゼリーをやったら喜んで?いました)

だそうです。
珍しい虫ではないのでその辺にうろうろしていると思います。


基本情報技術者試験の合格率、受験者の男女比は 女性にはおすすめか

情報技術者試験
08 /01 2012
 私にとって5回目になる基本情報技術者試験の申し込みをしました。
平成24年秋期試験は10月28日(日)に行われます。

午前は回答しやすいのですが、午後が通りません。
できればもう合格してしまいたいところです。

ですがやはり完全独学で、エンジニアの実務の経験がないので
午後の文章問題は非常に難しく感じます。

合格率が3割程度なので、もちろん勉強しなければ合格はできません。

会場を見る感じ、基本情報技術者試験は、受験生の男女比が
男性:女性=9:1くらいの比率で
たぶん20代前半の人が多そうです。

女性が少なすぎると思ったので、もう少し女性が増えても良いのではないかと
感じています。

女性が興味を持ちにくい分野なのかもしれませんが、
特に女性が理解しにくい分野でもありません。

それは、畑違いの分野からなぜか情報技術者試験を受けることになった
私でもまあまあ解けるようになったので、そのように言うことができます。

肉体労働ではなくパソコンに向かって処理することがほとんどの仕事なので、
男性より筋力のない女性には向いているのではないか、と思うのですが。

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年