fc2ブログ

うさぎの糞取りアイテムを100円ショップで買う

ウサギの飼育
05 /27 1998

ミニウサギをベランダで飼育しています。

うさぎは基本的に専用のトイレで排泄をしてくれますが、
糞の掃除が面倒くさいときもあります。

詳細→「ウサギの糞の掃除は面倒くさい おそうじアイテムは100円ショップで購入」

というわけで、いくつかの掃除アイテムを用意し、
効率よくトイレや糞の掃除をしています。

途中で導入したのが、
100円ショップに売っている、お好み焼きなどに使う鉄板用の
「ヘラ」です。

うさぎの世話グッズ

うさちゃんもヘラが気になって、ちょっかいを出しているようです。

このヘラは、コンクリートにこびりついた下痢を取ったり、
うさぎの世話以外に、ベランダの溝にたまったゴミや泥をすくうのに便利なのです。
乾燥したゴミはほうきで、水分を含んだゴミはヘラを使うと、
きれいにすくえますよ。

あと、ヘラは平たく角ばっているので、コンクリートのような平たい所のごみを
きれいにかき集めますし、隅っこの泥もヘラの角でかき出すことができるので、
取り残しがなくて気持ちが良いです。

ステンレスなのでさっと水洗いすれば、すぐキレイになるところも
嬉しいですね。

デメリットは、
そもそも鉄板に使うものなので、掃除をしていると
お好み焼きとか食べたくなるところでしょうか…。


うさぎの下痢といえば、
うさぎの出す柔らかい糞には
下痢や軟便と「盲腸糞(もうちょうふん)」の2種類があります。

うさぎの正常な糞(硬糞)は、硬くて真ん丸で乾燥しています。
下痢や軟便だと、丸くなく絵の具のようにべちゃッとしていて、
うさぎのお尻の毛にこびりつくこともあります。

うさぎが下痢や軟便をするのは、お腹の調子が悪いからで、
これは良くありません。

一方、うさぎは毎日、柔らかくてつやつやしたブドウの房のような
糞もします。これは正常な糞で盲腸糞と言います。

うさぎの体は糞を2種類出す仕組みになっており、
硬い繊維など不要なものは硬糞として出し、
盲腸では食べ物を発酵させ、盲腸糞を作ります。

盲腸糞はうさぎに必要なビタミンなどを豊富に含み、
これを食べなければ栄養が摂取できません。

硬糞はほぐすとほとんどが草の繊維質で
水分やにおいはないのですが、
盲腸糞はかなりくさく、ねっとりしています。

そして、うっかり指に付着させてしまうと強烈ににおいます!

しかし盲腸糞を目にすることはほとんどありません。
うさぎは、肛門に口をつけて盲腸糞を食べてしまうからです。

もし盲腸糞が落ちていたら、何らかの理由で
うまく食べられないということなので、
捨てずに口に持って行って食べさせてやる必要があります。

硬糞と盲腸糞を作り分ける腸のシステム、
不思議ですよね。




関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年