fc2ブログ

ベタの繁殖 1週間おきに失敗と産卵を繰り返す

熱帯魚の飼育
09 /27 2009
ベタ夫妻は、一週間おきに産卵しているのですが、
孵化して1日くらいで毎週ダメになってしまうので、
もういちいち記録するのも面倒くさい…と思ってしまいます。

同じことの繰り返しです。

とはいえ、今回は少し調子いいです。

自家製ネットで水槽の中を仕切り、オスと他の魚から隔離してみました。

この事で産卵後、他の魚に卵を食べられたり、
オスがイライラせずにすみます。

普段はオスもメスと隔離しているのですが、
産卵したくなると強引にネットをくぐり、
知らん間にオスと営んでいます。
そしてコトが済むと帰っていきます。

今朝で孵化から2日目。
起きて水槽を覗くとまた泡巣の稚魚が一匹くらいに減って…

と思ったら、底から泡巣に戻ったオスが
口から稚魚を20匹くらい吐き出しました。

稚魚はどんどん底に落ちてしまうのでオスは
底もくまなく調べて稚魚を拾い集めているようでした。

集めてもすぐ散乱して行方不明になってはいるので
ベタの父親はとても忙しそうです。

メスはというと育児はしない。
それにメスがネット越しに見ていると、
オスがネットをくぐってまでして追い払ってしまいます。

しかながら先日は、
メスも落ちた卵を拾って自分が作った泡巣に戻したり、
オスの泡巣に寄ってくる魚を追い払ったりと、
陰でいい働きをしていたのを見ました。

だから夫婦で育児すればいいのに…とよく思います。

ちなみに、ベタ父親の育児は24時間無休なので
夜もずっと水槽に照明をつけたほうがいいそうです。

確かに暗くすると稚魚が見えなくなるし育児疲れでつい寝ちゃいそう?
 
でもうちは点灯=エサタイムなので、明るいとほかの魚が食欲を刺激され
稚魚を食べてしまうと思います。

そこで、水槽の横にソルトランプを置いてベタの近くだけ
ほんのり照明してみました。
ベタ 水槽 ソルトランプ
(写真は点灯なし)

自分が寝ていても邪魔にならない程度にその空間だけがほんわかと
やさしいオレンジ色で、魚にとってもきつい人工的な光を直接浴びるよりも、
穏やかになっている光の方が落ち着けると思います。

今、育児終了後なのでゆっくり体を休ませてやってます。おそらく来週あたりから
次の繁殖スタートです。また忙しくなるねベタ。

私は、少し前にベタの稚魚が生まれることを見通して
稚魚のお食事インフゾリアを発生させてみました。
調べたとおり、水槽の水につぶしたキャベツを入れて待つこと3日。
ペットボトルの中を覗くと水面に白いモヤモヤがホントに浮いています。



結局、稚魚は全滅、というか消滅しています。

原因がだんだん分かってきたのですが、やはり
産卵ケ-スのすき間から漏れ出ているみたいです。

水槽内は危険がいっぱいで、か弱い稚魚は
ほかの熱帯魚に食べられたり、濾過システムのポンプに吸い込まれたり
しているようです。


対策として今までしてきたこと。
台所の三角コーナー(or排水口)用のネット・竹ひご・キスゴム(吸盤)で
自作のネットを水槽内に設置して水槽内を半分に仕切った。
これで他の熱帯魚とは遮断できたけど、ベタのメスとコリドラスだけは
自作ネットのすき間から強引に出入りする。

コリドラスは落ちた子を拾い食いしちゃうので、さらに産卵ケースを三角コーナーネットで包囲した。

今回の産卵に付け足したこと。
それでも稚魚が消滅してきたので、産卵ケースを包囲するネットを、
目の細かい不織布タイプの三角コーナーネットに交換してみました。

不織布タイプは目が細かいのに水は通るし、柔らかいので魚にもやさしくて
いい感じです。

ケースのすき間から流れ出た卵や稚魚も不織布ネットに落ちています。
私がスポイトで吸ってケースに戻すか、
そのまま不織布ネットで育ってもらいます。

あと、ベタのメスがオスや稚魚に近づきたがるのですが、
メスが近づくとオスが暴れてケース内に波が発生、
そのたびに泡巣や卵が流されてしまうので
メスを隔離しました。

500mlペットボトルを半分にカットし、小さい穴をいくつか開けて
キスゴムで水槽のガラスに設置。臨時のベタケース完成。

ここにメスを入れて大人しくしてもらったところ、
オスが落ち着いて育児に専念できる様子です。



ベタの稚魚が順調に育っています。
産卵から1週間経過して稚魚が全滅せずに10数匹も生き残っています。

いつもならそろそろ次の産卵が始まる頃ですが
オスがまだ育児専念中なので
メスも隔離していて産卵できません。

育児ケースは、あれこれ試行錯誤した結果、
単純にペットボトルを半分に切って
針で穴を開けたてキスゴム(吸盤)でガラス面にくっつけた物が
稚魚の保育に最適でした。
透明なので中もよく観察できます。

おととい、これを作ってオスと稚魚を移し替えました。

穴が小さいので稚魚が抜け出ることがなく、あとはオスがせっせと
育児してくれて稚魚をキープすることができました。

キャベツで作ったインフゾリアも湧いてくれて、これをスポイトで吸って
育児ケースに垂らしている。食べているかどうかよく分からないけど
明らかに体がしっかりしてきたので食べているかと思います。
 
とはいえ、穴が小さいので水の循環がほとんどなく
汚れが貯まりやすいのと、稚魚がまだまだ小さ過ぎるので、
油断ならないです。

今回こそ稚魚を成魚まで育て上げたい
と思うも、同じ水槽で
ほかの魚と混泳しているからか
ベタ2世が育つことはありませんでした。


メスは1年後に死に、その1年後にオスも死にました。
病気や外傷がなくてきれいな体で死んでいました。

オスは、死ぬ半年くらい前から年のせいか
少し動いては休むの繰り返しで
「年だね~」と言っていたのですが、
最後まで他の魚を追いかけまわすなど
なかなか矍鑠としておりました。

2匹が繁殖を繰り返していた頃は、子どもの夏休みの自由研究のネタにも
貢献してもらいました。思い出いっぱいの魚になりました。

ほかの魚と混泳しないのならば、
ベタは容易に繁殖する気がします。
もし子どもが無事に成長したら、
オスは喧嘩するので
1匹ずつ違う容器で飼育する必要が出てきます。



関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年