fc2ブログ

幼虫の判別

カブトムシの飼育
09 /30 2009
  明日から10月で、例年だとカブトムシの成虫はほとんど死んでいる時期なんだけど
今年は成虫もわりと残っているし、産卵も幼虫の孵化も盛んで
なかなか調子がいい。
 まだメスは産卵を続けていてたまに土の表面上に卵が見つかる。
すでに孵化した幼虫もたくさんいて今年はホントにぎわっている感じ^^
 ほとんどは一齢。今朝見たら二齢くらいの大きいのがいた。
さて、うちにはカブトムシのほかにクワガタとカナブン・ハナムグリも少し同居していて
幼虫はカブトムシとカナブン・ハナムグリのが混ざっている。
 一齢だとどれがどれだか見分けがつかない。ただたまに明らかに頭の大きい
風格のある奴がいる。これはカブトムシの子だと思う。
 もう少し大きくなると顕著な見分け方があって、カブトムシはお腹を下にして進むのだけど
カナブン・ハナムグリなどのコガネムシ科は背中が毛深くて
くるっと仰向けになって背中で進む。
その動きはちょっとキモイんだけどw
これ本当に分かりやすい。
ま、その頃には大きさに差が付いてくるので大きさで判別できるかもしれないけど。
コガネムシの幼虫はカブトムシほど大きくならない。
関連記事

コメント

非公開コメント

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年