fc2ブログ

ベランダ菜園 カメムシの適切な駆除法は

ベランダ菜園
11 /04 2011
最近カメムシをよく見かけます。

3444030_s.jpg

empathyさんによる写真ACからの写真

「秋にカメムシが多い年は大雪になる」と言いますが、迷信かもしれません。
これはあてにならないようです。
去年はカメムシが少なくても鳥取は記録的な豪雪被害を受けたからです。

カメムシの被害は、葉の汁を吸って農作物をダメにすることと、
あの強烈なニオイです。

カメムシの屁のにおいの主成分は「青葉アルデヒド」という、
キュウリやリンゴなどの植物に含まれる
草特有の、青くさいにおいです。
薄めると快い香り、濃いと刺激臭になるわけですね。

カメムシのにおいはパクチーに似ているともいわれますが
パクチーよりもはるかに重く臭く、質が悪いニオイです。

コリアンダー


秋は暖かい所にひそむので、ベランダに干している
洗濯物にたくさんくっついています。

すでにかなりの被害を受けています。
平べったいので気付きにくく、
くっついているのを知らずに取りこむと
カメムシが屁をこくので、
ぷーんと悪臭がただよいます。
しかもカメムシのにおいが一度付着すると、
数回洗濯してもにおいが取れない所が厄介です。

見つけたら即駆除しなければなりません。



カメムシの駆除法

屁をこかれたら一貫の終わりなので、
つぶしたり、たたいたりしてはいけません。

そっと捕獲して密封して捨てる

一番手軽で確実なのはガムテープで捕獲する方法です。

カメムシがいたらガムテープにくっつけてほかくし、
そのガムテープでカメムシが完全に隠れるよう
貼り付けてしまいます。
すき間なくガムテープを密着して、
なかにカメムシを封じ込めてしまえば
臭いも漏れません。
そのまま捨てるなり焼却処分するなりです。

実際にひなびた旅館などは、
どうしても窓の隙間からカメムシが侵入するため、
あらかじめ客室にガムテープが置いてある
ようです。


カメムシの発生を防ぐ方法には、イネ科の雑草をなくす
という方法があります。

あぜ道や河川敷などの雑草はイネ科が多いので
これを取り除くのはむずかしいのですが、
ハッカなどほかの科の雑草を植えれば
イネ科の雑草が減らせる
といった記事を新聞で読んだことがあります。


関連記事

コメント

非公開コメント

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年