fc2ブログ

支払い系脅迫メール「情報リクエストに関する個人的な」 の件

PC・インターネット 
07 /12 2020
パソコンに久々、
長文の迷惑な脅迫メール「情報リクエストに関する個人的な」
が来ました。

ほかの詐欺メールの記事
ニセの総務省から「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました」
フィッシングメール来た


情報リクエストに関する個人的な メール 私立探偵
↓以下、本文のコピペです。(一部は伏字にしております。)


こんにちは、私は私立探偵として働いています。
当社は、メール、電話、クラウド、ネットワークに侵入し、情報を収集するための注文を受けました。
私たちはそのようなタスクのために中国のハッカーと協力しており、彼らは最高です。しかし、私たちには倫理的なプロトコルがあります。
ハックを注文した人物の調査と調査を行った後、その人物に関する情報(名前、連絡先、電子メール、その他の証拠)を購入することを提案します。
また、自分自身に関するレポート(侵害されたアカウント、デバイス、写真、ドキュメントのリストを含む)も表示されます。
通常はそうではありませんが、この件を検討した結果、違法なものがあなたに対して計画されていることがわかりました。
私たちが持っている資料は、あなたを脅迫するために簡単に使用できます。
私たちは通常、個人および企業のスパイ活動に取り組みますが、これは異なります。
その人から50%の前払いを受け取りました(合意された費用の合計は8500 USDでした)。
ただし、この情報を購入することを決定した場合は、割引を行います(代理店に利益はありません)。
私にメールを送ろうとしないでください。これは使い捨てのアドレスです。この仕事の性質はすでに違法であるため、私はアイデンティティを保護する必要があります。
あなたが支払いを送ったとき、私はあなたに戻ります。送金には2営業日かかります。残りの残高の50%がかかります。
あなたはビットコインで2,125ドルを転送します。 Googleでビットコインの購入場所を検索できます。
このウォレットにビットコインを送る 14*********J6wrktQUCSAhTNtRNgJW

法執行機関や他の誰かに相談することなく、今のところ一人でこの決定をすることを強くお勧めします。
情報を入手した後、どうするかはあなた次第です。すべてのファイルを削除します。元の顧客は何も得ません。
中国の請負業者に支払う必要があるため、覚えておいてください。このオファーを拒否した場合は、元の顧客のところに行き、費用をカバーするためにすべてのインテルに送信する必要があります。
しかし、少なくともあなたは今それを知っており、これから何が起こるかを無料で見出します。


------------------------------------------------------------------------
いつも「Hi!」「Dear」などの書き出しで
欧米から来ていたのですが、
今回は中国から来た かのようなメールです。
言いたいことはだいたい同じです。
ずいぶんと長文の脅しですね。
削除する前に紹介しておきます。

twitterやyoutubeでもスパムが問題になっているそうですが、
インターネットのフィッシングやスパムとは、ほんとうにうっとうしいものですね。

関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年