fc2ブログ

コバエはどこから?発生源を突き止めて全滅 コバエ駆除対策の盲点は

洗濯・掃除
07 /26 2020
キッチンと外の生ゴミ用ポリ入りバケツは
毎年、6~9月になるとコバエがわきます。
コバエの種類は、黒っぽいノミバエ、目が赤いショウジョウバエです。

ゴミの日にゴミを捨てれば、いったんコバエはいなくなりますが、
対策を怠ると、すぐに大量発生します。
そして今年も・・・。

キッチンでコバエが飛び、
過去には市販のコバエ対策グッズを買ったり
コバエホイホイ、トラップ系も試しましたが、
効果がありませんでした。

飛んでいる成虫だけをいっしょうけんめい駆除しても
意味のないことに気付きました。
駆除しなければならないのは発生源にいる
大量の卵や幼虫
です。
こいつらが羽化すると、
それが飛び回って、交尾して繁殖して産卵して・・・
を速いスピードで繰り返します。

そこで、繁殖させないよう、見つけ次第に駆除する方法を取っています。

使うものは、私の場合、

・キッチン用アルコールスプレー(100均とかでOK)
・ガムテープ、トイレットペーパーなど


です。
(市販のコバエとりやトラップにあわせ、
実践するとさらに効果的だと思います。)

成虫の駆除
キッチンでは飛んでいるコバエを見つけたら、
安価なタイプの「キッチン用アルコールスプレー」をかけます。
キッチン用アルコールスプレー

うちはうさぎがいるので殺虫剤は使ってきませんでした。
これなら、安心して使え、よく効きます。

コバエは食べ物、三角コーナー、シンクの上を飛んでいるため、
殺虫剤が使えません。
そこで、食器にかかってもよいアルコールを殺虫剤がわりに
使っているのです。

手でパチンとたたくこともありますが、小さくてすばしっこいので
逃げられてしまいます。

でも逃すと、すぐ相手を見つけて
交尾しながら飛んでいるで
繁殖は阻止しなければなりません。

アルコールで死ぬわけではなく
溺死か麻痺といった感じで動けなくなります。
羽がびしゃびになって飛べなくなるまで
水スプレーでよいのかもしれません。

コバエを見かける都度にアルコールを噴霧するため、
キッチンの除菌効果(?)もあります。

次に発生源を探してコバエを根絶させます。

発生源を探します。

うちの発生源は、バルコニーのこの古びれた、
生ごみ用ポリバケツです。
ふたを開けると、コバエがたくさん出てきます。ウジ虫もいます…。
ゴミ用ポリバケツ

以前使っていたものはコバエはわきませんでしたが、
今使っている物は、フタと本体の間にわずかなすき間があり、
成虫が入ってきて2~3日で繁殖するようです。

ゴミ箱の中をいくら掃除しても、コバエ用忌避用のグッズを使っても
コバエがぶんぶん飛んでいるのでおかしいとは
思っていましたが、
2年前、たまたまバケツをひっくり返したところ、
バケツの下(バケツの底の裏側)にウジ虫とさなぎが大量に
いることが判明しました。

うちの場合、生ごみを捨てるポリバケツの下が
コバエ発生源の中枢のようです。
コバエ幼虫
…実際は、卒倒しそうなくらい
えげつない量の幼虫やさなぎが
いることもあります。

ショックですが、見つけて良かった
と思うことにしました。

ここをこまめにチェックして、
ウジ虫とさなぎを除去し始めたら、
真夏でもコバエがまったく飛ばなくなりました。
(今週はさぼったので、すぐ増えました。)

幼虫とさなぎはガムテープでぺたぺたして
ガムテープ コバエの幼虫を駆除

二重にし密封して捨てます。
虫の駆除 ガムテープ

カメムシや他の不快な虫もこの方法で。

トイレットペーパーでつまんでトイレに流すこともあります。
ガムテがいちばん手っ取り早いです。

ほうきで履いて捨てる時は、羽化して生きないよう、
ポリ袋などに密封する必要があります。

コバエがわく時期にポリバケツをよくチェックすると、
たまにこのような謎の物体がくっついていることがあります。
もしかすると、コバエの卵かもしれません。
コバエ 卵
黄色くて柔らかくてびっしり密集しています。
これも、見つけ次第に除去しています。

成虫は見つけ次第、手動で駆除、
成虫がいる場合は、必ず
卵と幼虫、さなぎも近くにいるはず
(ゴミ箱の周辺、裏など)
なので
発生源を探して駆除すると
一気にコバエがいなくなることが
わかりました。

9月に増えるチョウバエはお風呂の排水溝から
わくようです。こちらは排水溝に熱い湯+パイプの洗浄剤
などですぐ駆除できます。


関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年