fc2ブログ

不足するとイライラ、しびれ、むくみが起こる「ビタミンB1」のにおい問題

栄養士
10 /05 2020
パソコンに向かう作業が多く、目や肩が疲れるので
ナボリンやアリナミン などのビタミン剤を飲みたいのですが、
肉体疲労・神経の障害を改善するビタミン1
独特なにおいが苦手で、ナボリンEB錠はストックしていますが
飲んではいません。

(ビタミンなのに?なぜか硫黄を含有しているとか…?だから
におうようです。)

実は、めんつゆ系のスープにもビタミンB1が食品添加物(保存料)として
使用されていることもあり、私はそれすらもにおいが気になって
食べられないです。

ビタミンB1 保存料
家族は「たれがうまい」と言ってこれを要求するので
わたしだけ違う納豆を買っています。

それでビタミンB12単一のビタミン剤ネイチャーメイドを買ってきました。

ネイチャーメイド ナボリン


ちなみにビタミンB1は体内で生成できず、
常に消耗しており、また一定量を超えると
体内から出て行ってしまうので、
わりと不足しやすいビタミンらしいです。

昔はビタミンB1の欠乏で「脚気」になる日本人が
少なくありませんでした。
飽食になったことで、かえって量のわりにビタミンB1が少ない食生活に偏りやすくなって、
再び脚気(かっけ)になる人が出ているらしいです。

ビタミンB1は糖質をエネエルギーに作り変える酵素の手伝いをする
のに必須で、

糖質ばかりたくさんとっているとお腹はいっぱいになるし、太るけど
エネルギーがあまり作れないので
神経や筋肉を使うのに必要なエネルギーが不足して
すぐ疲れやすくなるしイライラするし、むくみやしびれを起こすそうです。
さらに欠乏に至れば、かつては死者を出していた脚気になり
心不全で…というものです。

令和ともなると、脚気って言われてもピンとこないですよね。私もピンときません。

ビタミンBはほかのビタミンBと互いに連携してはたらくので
いろいろなビタミンBが豊富な野菜やきのこ類、ナッツ類と
バランスよく食事をとり、
ビタミンB1が豊富な豚肉、レバー、大豆、にんにくなどを
そこそこ食べていれば、そこまで気にすることはないのかなと思います。

ただ、肉体疲労や神経痛などをやわらげるには
ビタミン剤とかでしっかり補給することが必要だと思います。

豚肉や大豆などは平気ですが、
とにかく、添加してある合成的なビタミンB1のにおいが嫌いです。

お昼に、家族と買い置きのコレ↓を食べたのですが
栄養強化のために配合してありますね。
「後味がくどい」と感じてしまいます。
昔はあれだけ美味しいと思って食べていたのに、さびしい・・・。
DSC_0004~2DSC_0003~2

とりあえず神経を修復するビタミン12だけ買ってみました。
値段も乙女安く、その分、量も少ないので気休めではあります。
関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年