fc2ブログ

モニラリア・オブコニカの実生 成長過程

多肉植物
04 /04 2021
モニラリア・オブコニカの秋蒔き 実生の成長過程です。

1月

11月下旬に、卵パック10粒のを蒔きました。
ひとつのくぼみに種1粒をまきました。
卵パックは便利ですよ。

そのうち、1つだけが発芽しました。

ほかの種は待っても発芽しませんでした。
発芽率1割です。発芽率が低いですね。

種がとても小さかったのですが、
やはり双葉も砂と区別できないくらい
かなり小さいです。

↓実物大だとこうなります。
どこにあるのか探すのが大変です。
モニラリアオブコニカ 種  発芽
画像を拡大すると見つかります。
ルーペがいりますね。
モニラリアオブコニカ 種  発芽
小さすぎて、すぐ砂にまぎれて
行方不明になってしまいそうです。



2月10日

成長がかなりゆっくりです。
いつまで経っても大きさが変わりません。
それでもうさ耳が出てきました。

卵のパックは不安定で倒しそうなので、
多肉植物ハオルチアオブツーサの鉢に
植え替えました。
ハオルチアと比べてもかなり小さいです。

モニラアリアオブコニカ 栽培

モニラアリアオブコニカ 栽培



2月14日

冬は日照不足になるので、晴れている日は
日中に少し外に出しています。

ハオルチアオブツーサ モニラリアオブコニカ 多肉
植え替えしても特にダメージは受けていないようです。
拡大するとうさ耳が見えます。
モニラリアオブコニカ




3月

鉢をうっかり倒してしまったり、水を与えたりしたら
色が悪くなってしまい、
大きな負担をかけた3月。
モニラリア・オブコニカの顔色がすぐれず、肉がしおれています。
同時にモニラリアオブコニカも存在感が薄くなっていて、
なんとなく、溶けて消える前を思い出します。


4月に入り、日光に当てる時間が増えてきましたが
成長の兆しはありません。
そして4月3日に行方不明になってしまいました。
しおれて土の粒にまぎれてしまったようです。

結局、3㎜程度にしか育ちませんでした。
原因は種を蒔いた時期が遅すぎたこと、
初めに水を与え過ぎたこと、
気温の低さや度重なる鉢のひっくり返りが
負担をかけてしまったことにあると思います。

春蒔きしても夏に溶けてしまったのですが、
秋蒔きしても1割しか発芽しませんでした。
3度目になりますが、もう一度種を買って
挑戦することにしました。
寂しさに耐えられず
即、楽天市場でポチってしまったのです。
続き→モニラリアオブコニカの実生 小さいけど「うさみみ」している!








関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年