fc2ブログ

多肉植物ハオルチアオブツーサの栽培 ぐらぐらする

多肉植物
07 /10 2021
多肉植物ハオルチアオブツーサの近況です。

2か月くらい、ずっとぐらぐらして色も悪いです。
また根元の葉は枯れて赤くなってしわしわになっています。
ハオルチアオブツーサ 栽培 多肉 ぐらぐらする

ロゼット状になっている中心部の内側は
比較的しっかりして硬くて緑っぽいのですが、
外側に行くほど弾力性がなく、
しわっぽくなります。

何度か鉢を倒してしまっているため、
根が折れて取れたり、その都度次を入れなおしたりしたため
株に負担がかかって弱ってしまったのだと思います。
ぐらぐらするのは水分不足が原因かと思って
水をやると根元の葉が余計に枯れるので
どう対処していいかわかりません。

うちの場合はしわっぽくても乾燥気味のほうがまだましと感じ、
水やりは6月からは水やりは月1~2回にしています。
「表面の土が乾いたら水をやっぷりやる」と言いますが
うちの土は常に乾燥している気がします。
とりあえず、乾燥気味に日の弱い時と曇りの日は屋外に置き、
晴れの日は室内の涼しい所に置いています。 

そうしているうちに新しい葉が生えてきているのを発見しました。
ハオルチアオブツーサ 栽培 多肉 ぐらぐらする
鮮やかな緑の薄いとがった葉が2枚出てきています。
この小さな葉はハオルチアのぷくぷくした葉とは
雰囲気が違いますが、これから大きくなると
変化していくのでしょうか。

根も太いし、新しい葉が生えてきているので
枯れてダメになってしまうことは少ないかと
楽観しています。

7月に入ると気温が30℃以上まで上がり、
暑さに弱いといわれるハオルチアが溶けないか
気になります。

最高気温35℃以上の猛暑日で、ハオルチアを置いている
室内は30℃くらいですが、今のところは大丈夫そうです。

おそらく根がしっかりして入れば葉が少々枯れても
ダメになることはないみたいです。ただ、色の悪さは
かわりません。
新しい葉が増えて大きくなることを望みます。





関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年