fc2ブログ

カマキリの飼育と観察 カマキリを飼育するのは面白い

カマキリの飼育
07 /20 2005
蜘蛛の糸に足をとられてから、カマキリは体調悪化しました。

私が悪いのだけど、糸を除こうと拭いたり虫かごを振ったり、
水気をつけたりして、気付くと、骨折(?)していました・・・。
歩けない、立てない、エサが捕れない、食べられない。
ますますダメージが増えます・。

弱って胴体がしぼんでいます。激ヤセ?

せめてもと思い、虫かごから出して、キュウリのプランターに住ませました。

エサは捕れないので、キュウリの葉にビッシリいるアブラムシを爪楊枝でプチプチ刺して
カマキリの口に持ってくと、必死にガツガツ食べました。

けっこう献身的に与えました。食べてくれると可愛いです。

よ食べるけど、アブラムシは小さすぎて、
与えても与えてもきりがなく、私も疲れるばかりです。

それでも、栄養を摂ってくうちに体力つくかなと
淡い期待を持って就寝しました。

朝見ると、カマキリはいませんでした。
大ショックです・・。

プランタの近くにはスズメの糞もあったので、
動く事ができないはずのカマキリは、
スズメが持っていったのかもしれません。

入れ違いで、偶然にも家族が3cmほどの
子カマキリを捕まえてきました。
そのため、こ「2号」を入れ違いで飼う事になりました。

カマキリ バッタ

カマキリ2号がバッタを食べているどアップです。
2号が食べているのを見ると、嬉しくなり
記録写真に撮っってしまいました。
モヤッと写ってるからいいのですが、
バッタにしてみると残酷でした。

とにかくカマキリの飼育は、
エサの準備が大変です。
ただ、カマキリは動作が面白いので、
興味のある方には飼育をおすすめします。
関連記事

コメント

非公開コメント

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年