fc2ブログ

カマキリの観察と飼育  新入りカマキリ6号の威圧感

カマキリの飼育
09 /05 2005
家族から、玄関の外に大きなカマキリがいると報告あり、
手をカマキリのカマにやられて痛かったらしいです。

成虫だろう、私がカマキリをかわいがっていると言っても
子どもカマキリしか相手にしてこなかったので、
成虫は怖いと思いました。
成虫カマキリはまだ苦手です。
飛ぶし、あのカマと目と口が怖いです。

私が見に行くと、確かにオオカマキリらしき成虫がいました。

しかし、つい性(さが)でその大きな成虫をうちに連れて帰って
しまいました。これがカマキリ6号です。

私のひそかな夢は、うちで羽化したカマキリ同士で
結婚させて繁殖させてみることでした。

5号まででは実現できていませんが、
今うちにいる成虫の3号の結婚相手になるかもしれないと
思い、一応家に連れて帰ってみたのです。

しかし、比べてみると大きさが違っていて、
3号は多分コカマキリ、6号はオオカマキリで、
お尻をよく見てもカマキリの性別がよくわかりません。

050906kamakiri6.jpg



そして、雨があがったとき、バッタ探しに次に近い公園に行ってみたところ、
草ぼうぼうの割にはやっぱりバッタはいないのですが、
それでも6匹くらいゲットできて嬉しかったです。

カマキリの成虫も見つけました。
カマキリ6号と性別が違えば見合いできるかも?と思い、一応連れて帰っってみまし。

050906kamakiri8.jpg

エサとして連れかえったオンブバッタは、
ケースの中のカマキリが見ている前で、
自分の立場も知らず、のん気にオンブを開始しています。

050906onbu1.jpg

見ると交尾していて、なんだかエサにするのが
気の毒になったので、
このオンブバッタカップルはケースから出してやりました。

そして5号だけは、幼虫から育てて唯一成虫になったカマキリなのですが、
こいつはケースから逃がして野に放しました。

うちにいる成虫カマキリ5・6・7号の中で5号だけ小さく、
種類が違うと思うので、ずっと手元で元気に過ごさせてやりたいけど、
同種と繁殖させてやりたいので、逃がしました。
050906kamakiri4.jpg

小さめな5号は、エサのオンブバッタに踏みつけられていたこともあります。
野で立派なカマキリになってほしいです。


関連記事

コメント

非公開コメント

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年