fc2ブログ

カマキリの観察と飼育 7号・8号を発見 「お見合い企画」のため飼い続けてしまう

カマキリの飼育
09 /07 2005
幼稚園の夏休みが終わり、平日は仕事の合間をぬえば
けっこうカマキリのエサが数取れるできるようになりました。

公園やあぜ道があり、草むらにオンブバッタがいるのです。
8月よりは減ったのですがけど、また数匹が捕れるようになりました。

カマキリはほかの虫も食べるのでしょうが、

うちの場合は、カマキリにはオンブバッタが一番適しています。

だいたい、
バッタがいる所にはカマキリが、
カマキリがいる所にはバッタがおり、
ここら辺のカマキリとオンブバッタは捕食の関係にあります。

ヨモギに大きなカマキリがいました。
羽が褐色で今うちにいる6号に似ていました。
もしかしたら同種かと思い、いつものくせで一応連れ帰ってしまいました。
見合いが失敗しそうなら帰そうと思います。

結局うちには現在カマキリが3匹います。
捕ってきた成虫5・6号と、この7号です。

さらに、バッタ捕獲中に大きな成虫を見つけました。
大きくてカッコイイ。8号です。

8号と6号は、背中の羽の色が同じ褐色で、
体も大きく、種類が同じにも見えます。

7号は少し細くて羽は緑です。

性別を知りたいのですが、
みな同じに見えて、判断が難しいです。

カマキリの成虫を3匹飼育すると、
エサのオンブバッタは1日5匹ほど用意できるため、
3匹で分けるにはエサ不足です。

捕まえたものの、飼い続けようか、
「お見合い企画」をやめて逃がそうか
迷います。
関連記事

コメント

非公開コメント

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年