fc2ブログ

虫のお母さん

カブトムシの飼育
12 /13 2007
 たかが虫、かもしれませんが、
小さい命を見つめる事から学ぶ事は多いです。毎日、痛感しています。
 できれば私のような大人だけでなく、子供にこそ、「命」と向き合ってみる
体験をしてほしいです。
 ゲームも面白いけど、生身の命だから死んじゃう事もあり、
ゲームのように復活したりリセットもできなくて、
悲しさやくやしさに気付いてほしいと思います。

 自分がつづってきたカブトムシカテゴリーを読み返してみました。
 まだ成虫が生きている頃から始まります。
卵がたくさん生まれ、孵化しては消滅し、生き残った2頭。
今ではコロコロ太って大きな(大)も、ウジムシのような大きさだった事、
まるで我が子の昔のアルバムを見返した時のような感動さえ
おぼえました(笑)
  そのうちにさなぎになって成虫になって・・・・と想像すると
嬉しいような寂しようなですが、やはり一から育てた場合の変態を見るのは
すごく感動すると思います。どうやら見た感じメスみたいなので、
あんたが年頃(夏休み)に実家の山から
超カッコイイお婿さん採ってきてあげるからなーと夢も膨らみます・・・。
・・・いいんでしょうかねこんな私・・・
幼虫を見る時は、自分の妊娠中の胎児の超音波画像を思い出します。
人間も最初は2頭身であんな感じですかね^^;
 私は習慣性の流産を5回してしまっているので、
超音波画像は嫌というほど見ましたし、モニター画面を見るまでの
「成長してほしい、生きていてほしい」という切実な思いも
何度も何度もしています。
 虫に人間の母親の気持ちをかぶせるのもどうかと思いますが、
マットメンテナンスをする前の、幼虫が生きているかドキドキする時は、
妊娠中のそれをちょっと思い出してますね。
 変に母性を刺激されたというか、
なんだか、私のところへカブトムシが来たのも何かご縁があるのか・・・






関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年