fc2ブログ

オンブバッタの飼育 ひっそり産卵していた

オンブバッタの飼育
11 /03 2005
初秋までには”小さい生き物”で賑わっていたベランダでしたが、
今は”婆さんオンブバッタ”2匹がひっそりと暮らし、
あとは球根やハーブなど植物のほうがあります。

婆さんと書いたのも、多分冬までに寿命が来るでしょうし、
羽も、若い時はイネ科の葉のようにみずみずしいグリーンだったのが、
なんだか段々と枯草みたいな色になっているのです。

オンブバッタは、オスのほうが先に死んでいってメスばかり残っています。
女は強いですね。

オンブバッタが交尾している姿をよく見かけていましたが、産卵用にセットしていた
土(プリン空き容器に消毒した土を入れた物)には
産卵の跡が見られませんでした。

繁殖を楽しみにしていたのですが、あきらめていました。
土はそのまま残していたのですが、
今日ベランダの掃除をした時にプリン容器を蹴って
ひっくり返してしまい、こぼした土を拾っていたら、
中に黄色い卵が数個入っていました。
産んでいたのですね。
見えないような深い所にお尻を刺しこんで産んでいたようです。

しかし放置していたので土も卵もカラカラでした。
産卵後は土に霧吹きをして暗所に保管するのが良いそうでしたが、
放置してたのでこれはちょっと孵化は難しいようです。

一応、カマキリの卵が入っているケースにその土と卵を入れて
保管し直しました。
関連記事

コメント

非公開コメント

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年