fc2ブログ

カブトムシ幼虫にトレハロースを買ってきて…

カブトムシの飼育
09 /24 2008
トレハロースは非還元性の二糖類で植物や微生物など広く自然界に存在している糖質で、
昆虫の栄養剤に含まれています。
 このトレハロースは甘味料なので砂糖としてクッキングに仕え、
私はカブト幼虫マット水分補給するときに、トレハロースを水道水に加えて
スプレーで噴霧してます。うちのは一般に大きくならないと言われている腐葉土100%なんで、
実験的にトレハロースで栄養補給してみてます。
 ちなみにスーパーやドラッグストアなど実店舗では全く見かけなかったので、
お菓子材料の店「クオカ」から買いました。
トレハロース1kg520円トレハロース200g216円と、普通の砂糖よりは少し高めですが、
トレハロースはたくさんの効能があるため、特に女性には1袋あると重宝します。
(ケーキ店などデザートや冷凍食品で多く使用されている。
食品が時間が経っても乾燥しない、硬くならない、上品な甘さetcだから。
保水作用があるので化粧水に使われている。←私も手持ちの化粧水に
トレハロースを少し混ぜて顔につけています。しっとりします。)

wikiによると
生物学的性質
トレハロースは自然界の多くの動・植物や微生物中にある。

動物ではエビや昆虫類に含まれている。バッタ、イナゴ、蝶、ハチなど多くの昆虫の血糖は
トレハロースであり、分解酵素・トレハラーゼによってブドウ糖(グルコース)に変えて利用している。
また、スズメバチとその幼虫の栄養交換液の中にもある。

植物ではひまわりの種子、イワヒバ、海藻類などに含まれている。
また菌類では椎茸、シメジ、マイタケ、ナメコ、キクラゲなどキノコ中に乾燥重量当たり1-17%もあって、
別名マッシュルーム糖ともいわれる。
その他に、パン酵母や酒酵母などの微生物にも含まれている。



関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年