fc2ブログ

コンパニオンプランツ(共生植物)とは?

花・ハーブの栽培
09 /29 2008
種類の違う植物を
一緒に植えることで、
お互いの持つ作用が影響して
病害虫を防いだり生育を促進させたりする
効果が生まれます。
この関係にあたる植物を「コンパニオンプランツ=共生植物」
といいます。

コンパニオンプランといった
シャレた用語を聞くのは近年になってからですが
農家では昔から普通におこなってきた知恵・用法
ではないでしょうか。


コンパニオンプランツの一例

トマト × ネギ バジル
キャベツ・ブロッコリー × ネギ レタス しゅんぎく セリ科(にんじん)
きゅうり × ネギ ラディッシュ
にんじん ×  ネギ 大豆(えだまめ) ルッコラ
レタス × アブラナ科(キャベツ・ブロッコリー)
葉もの野菜× マリーゴールド
ピーマン × ネギ ルッコラ
いちご × にんにく ボリジ
とうもろこし × 大豆(えだまめ)
スイカ × ソルゴー とうもろこし
じゃがいも × ネギ マメ科


近所の畑でも
ソルゴー(緑肥)やマリーゴールド、ネギなどは
よく目にします。

マリーゴールドは墓や仏壇の供花用に、
ネギはおかずに使えて一石二鳥です。

コンパニオンプランツは家庭菜園にも取り入れたいですね。

…そして、ホームセンターに買い物に行った時、
苗コーナーを見ていると、
ハーブの「ボリジ」の苗に
「イチゴが美味しくなるハーブ」と書いてありました。
早速にイチゴと一緒に栽培しています。
ボリジ 花

ボリジは、紫色の花が可愛らしく、
鑑賞用にするだけでも、十分に植える価値があります。
花と若葉は食用になるそうです。
葉や花を触ると、ちょっとキュウリに似たにおいがしますね。

ルリヂシャ ボラージ
とも呼ばれます。
またメディカルハーブとしても知られ、
種子から搾取した「ボラージオイル」
はγーリノレン酸が豊富に含まれることで
知られます。
一方で「ピロリジジンアルカロイド」が含まれるため
食用すると肝臓を悪くする可能性があるので
注意が必要との情報もあります。
関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年