fc2ブログ

カブトムシ幼虫いよいよ蛹化の始まり?

カブトムシの飼育
06 /02 2012
窓を開けて室内にいると、バルコニーからコン、コン、と
まるで木を叩きつけるような音がします。

何の音か分からなかったけど、それがカブトムシ幼虫ケース
(衣装ケースを仕様)から鳴っていることに気づきました。

マットを見ると表面に穴が。

これは、幼虫が蛹化する前に蛹室の場所を求めて
マット内をさまよう「ワンダリング」行為によるものです。

普段は表面に出てくることはありません。
この音は、衣装ケースの底にぶつかる時の音だと思います。
しかし、虫とは思えない大きな音。
さすがは昆虫の王、の子どもだと思いました。

width=

カブトムシの蛹とコガネムシのまゆ

カブトムシの飼育
07 /05 2009
20090705152811
放置気味のカブトムシ幼虫を久々に見ると、
知らない間に蛹になっていました。

カブトムシも蛹になっているので、
コガネムシはどうかな?と思い、コガネムシ幼虫のプラケースをのぞくと、

20090708121355

いつもは底に見える
幼虫達の姿が全く見えないので
そろそろ蛹化かなとは思っていましたが、

蓋を開けてみると腐葉土の表面を
少し掻き分けただけで
長丸い形のさなぎが数個発見できました。

写真では3個写ってます。(右半分)

大きさはウズラの卵より少し小さいくらいです。
幼虫の数は飼い始めに確認した時点で
軽く30匹は超えていたので、
途中で死んでいったとしても
たくさんの成虫が残ると予想してます。

コガネムシのまゆは初めて見ました。

謎の物体も発見。
20090708121358
どうやらお亡くなりになっているようです。

カブトムシの糞は園芸用肥料になる

カブトムシの飼育
06 /15 2009
昨年の夏に自宅で生まれたカブトムシの幼虫は全滅してしまったので
カブトムシのことはすっかり忘れていたのですが、
4月に子供が市のイベントでカブトムシの幼虫を1匹もらって帰って来て
また幼虫飼育が始まりました。 

久しぶりに幼虫のマットのメンテナンスをしました。
うちのマットは園芸用の腐葉土にカブトムシ用くぬぎマットをブレンドしたものです。

あれから2カ月ぶりだと思います。マットのほぼ9割が糞でした。
ウンコの中で暮らしていたと思うと、申し訳ない気持ちになります。

カブトムシ幼虫の糞は肥料として使えます。
土を食べてまた土を出したという感じで、
においがないし、硬くて乾燥した粒なので、扱いやすく清潔感もあります。

2008年の夏もカブトムシが産卵

カブトムシの飼育
08 /28 2008

昨日、交尾中に相手のメスが死んでしまって
長時間アレが抜けなかったオスは
弱って死んでいるかと思ったら、元気に生きています。

大山(だいせん)からとってきた自然の腐葉土は、
土質が黒土で、霧吹きをしなくてもじっとり湿って
ケースの中は林のような匂いがします。
いかにも滋養たっぷりな感じです。
みみずやら芽が出た種やらいろいろな自然の恵みが
そのまま入っています。
もし、この腐葉土でカブトムシを育てたら
良い幼虫が育ちそうです。

カブトムシのメスが全滅したと思ったので、
卵がないか土を初めてほじくり返しました。
20080828081027
すると、大小さまざまな卵が数個見つかりました。

しかも、メスがまだ1匹土中にいました。
産卵中だったかもしれません、邪魔してゴメンね。

卵は空きプラケースに移し替えました。

ただ、カナブンやコガネムシも数匹同居しているので
小さい卵はカナブン・コガネムシのものかもしれないのです。

卵から育てたカブトムシが成虫に!感動のmyカブトムシ!

カブトムシの飼育
07 /04 2008
カブトムシの蛹が羽化してから5日目。

今朝は、いつカブトが土の上に出てきてもいいように
去年のゼリーと昆虫飼育用のプラケースを出してきました。

ペットボトルの中のカブトムシも朝はまだ蛹室でじっとしていましたが、
今見たところ、蛹室より少し上に移動していました。

が、私がうっかりペットボトルを落としてしまい、衝撃でカブトムシが倒れたので
ペットボトルのマットをプラケースに出してみました。ゴメンよまだ早いのに・・・

すると、ちっこーい♂の成虫が出てきました。
20080704170024 

羽化したばかりのカブトムシ成虫を見るのは初めてなのですが、
やはりボディは無傷なので、新品の弦楽器のようにピカピカの光沢があります。

10か月育て上げた感動はひとしおです!!
小さいけど、五体満足な成虫になっているので良かったです。

三齢の時にオスのマークを確認したもの、
蛹の時にオスの割に蛹室が小さくて角も見えなかったので
メスかなあ・・・と疑っていたところ、
やっぱりオスでした。

カブトムシが入っていたマットを確認すると、
20080704170023
ペットボトルの上部のマットは
パサパサに乾燥していましたが、
下部はしっとりしてペットボトルをひっくり返しても
とれませんでした。
蛹室の形も崩れませんでした。
そして、蛹室に脱いだ皮が残っていました。




その後、成虫になったうちのカブトムシ♂は
プラケースで過ごしています。
子どもの玩具になったりしながら・・・。
 
カブトムシ飼育は3年目。
初めて卵から育て上げたカブトムシです。

去年初めて産卵して、卵を50個くらいは確認しました。
あんなにいっぱい卵があったのに1齢で消えていき、
2齢になれたのが(大)と(小)の2匹だけでした。
1/50の確率で成虫になれたカブトムシなのですね。
 
 (大)は羽化しましたが、(小)はまだ土の中にいて姿が見えません。
幼虫なのか蛹なのか、もしかしたらカブトムシではなくて
同居していたカナブンなのかも不明で、
今、安否が気になっているところです。 

イモムシが嫌いだというのに、この10ヶ月間は
カブトムシ幼虫の飼育に入れ込んでしまい、
今、燃えつき感があります(笑)

ですが、できればこのオスに嫁さんをつれてきて
次の代も世話をしてみたい気持ちになりました。

子どもの夏休みにまた実家の山に行って梨園で大量ゲットすると思います。
入手できたら、カブトを欲しがっている小学生にもあげる予定です。

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年

趣味のサイトを手打ちで起ち上げ、今年で20年になりました。
その「番外編」ブログです。