fc2ブログ

マイクロ胡蝶蘭の育て方 瀕死からの復活 花芽らしきものも出る

胡蝶蘭の空中栽培(瀕死)
12 /01 2022
マイクロ胡蝶蘭の育て方です。

胡蝶蘭は18℃以下の環境をしばらく経験すると
花芽をつけるようです。
例年は、だいたい11月下旬くらいに
花芽がついていました。


冬は日照時間が不足しやすいので
日中はなるべく日光に当てるようにしたいです。
水やりは控えめでいいですね。

うちのマイクロ胡蝶蘭は、流木に着生させているところで、7か月前に
流木を落下させ
葉から上と根が真っ二つにちぎれました。
葉のほうはうっかり枯らしてしまいましたが、
根のほうは全く葉がなかったのに、
新しい葉が計3枚生えてきました。

そして、11月の下旬になると、花芽のようなものも
出てきました。

マイクロ胡蝶蘭 花芽 空中栽培

根の可能性もあるけど、雰囲気が花芽っぽい?
気がします。
もう少し様子を見て花芽なのか根なのか
判断したいです。

流木が黒ずんできたので、
一度水苔と胡蝶蘭を外し、
流木をよく洗いました。
流木の多湿な部分にカビのような黒いものが
びっしり生えていました。
ちょっと過湿気味だったので生えてきたのでしょう。

流木から外した胡蝶蘭は、
新しい根が増えて長くなっていました。

マイクロ胡蝶蘭 根 空中栽培

一番悲惨な時は、健康な根もほとんどなくて、
うっかり多湿高温にしてしまって腐らせたり
高いところから落下させて葉や幹を折ってしまったりと
ずいぶん負傷させましたが、
本当に瀕死でした。
胡蝶蘭は本当に生命力が強くて、
こんな悲惨な状態になっても
復活してくれました。

根の量に対し、水苔が足りなくなってきたので
水苔を増やして、根をしっかり覆いました。
これで、乾燥しやすい冬の時期も、根の乾燥が防げます。

マイクロ胡蝶蘭 花芽 空中栽培

マイクロ胡蝶蘭の育て方 葉なし&根だけの状態から復活 その3

胡蝶蘭の空中栽培(瀕死)
09 /19 2022
マイクロ胡蝶蘭の育て方です。

9月も中旬を過ぎると、
暑さも徐々にやわらぎ、胡蝶蘭にとっても
少し過ごしやすい気候になってきた気がします。

とはいえ、まだ暑いので直射日光や高温には注意しながら
しっかり世話をしていきたいです。

成長期なので、水やり後に薄めた液体肥料を時々あげるといいですね。

葉が2枚しかなかった瀕死の胡蝶蘭に
3枚目の新しい葉が生えてきました。

マイクロ胡蝶蘭 新芽 空中栽培


葉が増えるにつれ、こちらの安心感も大きくなっていきます。

マイクロ胡蝶蘭の育て方 葉なし&根だけの状態から復活 その2

胡蝶蘭の空中栽培(瀕死)
09 /07 2022
マイクロ胡蝶蘭の育て方です。

9月に入っても猛暑は変わらず、8月同様に室内も暑いので、
引き続き、
水苔が蒸れないよう室内の風通しが良く、直射日光の当たらない場所で管理しています。

4か月前に株の根元がボキッと折れ、根だけにしまった胡蝶蘭でしたが、
新しい葉が生えてからは、特にトラブルもなく、
葉と根が少しずつ成長しています。
DSC_1686 (1)
写真がぶれてしまいましたが、
根も太く元気な状態で少しずつ伸びていっています。

ちなみに、取れた葉のほうも茎を水にさして
管理を続けていましたが、
ある時、茎の根元が蒸れてから葉が一気に腐って
ダメになってしまいました。
もしかしたら茎から根が出るのでは?
と淡い期待を抱いていたのですが、
水にさしても何の変化もありませんでした。

あっという間に乾燥するので、
朝と晩にはメネデールを薄めた液を葉と根全体に噴霧しています。
STORYPIC_00001014_BURST220909083047.jpg
この調子で、葉と根が少しずつ増えていってくれれば、
元の状態の株まで戻せるのではないかと思います。

胡蝶蘭をはじめ、栽培している植物の過ごしやすさを考えると、
9月はもう少し涼しくなってくれたほうがありがたいのですが。

マイクロ胡蝶蘭の育て方 葉なし&根だけの状態から復活

胡蝶蘭の空中栽培(瀕死)
07 /23 2022
マイクロ胡蝶蘭の育て方です。

外は35度を超える猛暑が続き、室内も暑いので、水苔が蒸れないよう
室内の風通しが良く、直射日光の当たらない場所で管理しています。

室内でも窓際などは日が当たると容易に30度を超えてしまいます。
ですから夏は、日当たりは二の次にして、
室内でも日の当たらない部屋に置くくらいがちょうど良いようです。

株の根元がボキッと折れ、根だけにしまった胡蝶蘭でしたが、
比較的早く新し葉が生えて来て、その葉が少しずつ成長しています。
moblog_ffdc2000.jpg
鉢植えではないので、朝晩に
水をスプレーしています。
基本は、ネメデール水溶液をかけています。
葉もしっかりと濡らします。
半日で水苔はすっかりカラカラになります。

moblog_dbdaee81.jpg

ちなみに取れた方の葉は、
水を含ませたスポンジに茎を指し、
乾燥しないように管理をしています。
枯れるでも根が出るでも葉が大きくなるでもなく、
現状維持が続きます。
moblog_36e6e2d0.jpg

マイクロ胡蝶蘭の育て方 葉だけ・根だけの”瀕死”に…

胡蝶蘭の空中栽培(瀕死)
06 /20 2022
6月のマイクロ胡蝶蘭の育て方です。

通常の胡蝶蘭は、花が満開か、
そろそろ先端のほうから花が1輪ずつしぼんでいく
頃かと思います。
2年前の今頃の写真です。


開花中は肥料は与えず、
花が全て咲き終わったら、
茎の根元の葉を残して
茎を切り戻してやります。
そうすると、成長して冬に
花芽が付き、来年の春にまた花が楽しめます。

私のマイクロ胡蝶蘭は、
5月に失敗を起こしてしまいまして…
ブログに挙げるのもできないくらい
ショックを受けておりました。

実は先月5月12日に、慌ただしくしていたため
空中栽培中の胡蝶蘭の株を1.5m下の床に
落としてしまったのです。

叩きつけられた胡蝶蘭は、
株の根元で(写真・矢印の部分)
茎の部分と根の巻きついた流木に
分断されてしまいました。
DSC_1372~3

ただでさえ小さな葉が3枚しかなく瀕死だったのに…

胡蝶蘭が根だけ&葉だけ
になってしまいました・・・。

あり得ない失敗です…。
moblog_5a7ff08d.jpg
色々失敗してきたけど
これこそ本当にあり得ない…。

とりあえず、希望は捨てず、
室内の明るい所でメネデールを薄めた水に漬けたり
葉水をしたりして、
1か月養生させておりました。
moblog_b8ebabab.jpg

少しシワのよっている葉も出てきましたが、
根がなくても、ほとんど変わらない状態で
生きられるものなんですね…。
moblog_7dee566e.jpg
ただ、根や葉が生えてくるとかの
良い変化もないですね。

根の方は、朝と晩に霧吹きで
メネデール希釈水をたっぷり与え続けて、
明るく風通しの良い半日陰に置いていたところ…
10日くらい前から
茎の折れた部分あたりに
新芽と思われるものが生えてきました。
moblog_b9e7ac75.jpg

初めは「根かな?」とも思ったのですが
上を向いているところ、
根は先端が丸みを帯びているのに対し、
先端がとがっているところが根と違う気がしました。

そうしていると、最近、根ではない感じの形になってきて
葉が生えてきてくれそうな予感がしています。
DSC_1459.jpg

ネットで、
同じ目に遭っている方が胡蝶蘭の治療をして
復活した事例がないか調べたのですが、
治療をしている方はいるものの
これぞという成功例の情報がなく、

これは復活をあきらめるべき事故だったのかなあ、
と不安を感じていました。

ですが、やはり胡蝶蘭は生命力が強かったです。
1か月の間、そのことを思い知らされました。

私のようなしろうとの独学でのケアをしていても、
衰弱する様子もなく、
復活の兆しを見せてくれるようになりました。

まだあきらめなくても良いのかもしれません。
だめかもしれないけど、もう少し夢を見さて欲しいです。

復活した!という良い事例が挙げられるよう
引き続き見守りたいと思います。


うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年

趣味のサイトを手打ちで起ち上げ、今年で20年になりました。
その「番外編」ブログです。