fc2ブログ

マイクロ胡蝶蘭の栽培 1月 メネデールの効果?

胡蝶蘭の栽培
01 /22 2022

マイクロ胡蝶蘭 1月の育て方です。

乾燥しやすいので、朝晩に霧吹きで
葉の両面に葉水をかけ、根も水を吹きかけています。

夜間は温かい部屋に置いていますが、
日中は日光を当てるため、窓際の高めな場所に移動させています。

冬はなるべく日光が当たり、かつ室温が高い所で
管理したいですよね。
となると、窓際の高さが高い場所
(家具の上、上から吊り下げるなど)に置くのが
良さそうです。

雪の日で外の気温が0~2度℃くらいといわれる日、
暖房していないと南側の窓際は
床の辺の気温が12℃くらいになります。
しかし高めな場所に置くと15~17℃くらいあり、1mほど高さが違うだけで
暖かさが変わってくることに気付きました。

ちなみに1月でも、晴れた場合には窓際の床は
最高で25℃くらいまで上がることがあるようです。

あと、寒い日は家電近くに置くのも良さそうです。家電が温かいと
その周辺の空気も少し暖かいことに気付きました。

ちなみにうちの胡蝶蘭は流木に着生させているところで、負担をかけてしまって
落としたり、真夏の高温で根が腐ったりetc)
ここのところ3か月くらいは、葉と根がギリギリ最低限の状態になっています。

胡蝶蘭 流木 空中栽培

それでも頑張って生きてくれています。
この状態から自力で葉や根を増やすのは難しいかと思い…

ずっと使わずにいたメネデールを人生で初めて使いました。

メネデールは植物の光合成に必要な二価鉄イオンが入った、
サプリメントのような役割を持つ活性剤です。
胡蝶蘭 流木 空中栽培

これを水で規定の2倍の200倍以上に薄め、
葉と根に毎日吹きかけていました。
10日ほど使い続けていますが、
胡蝶蘭 流木 空中栽培

気のせいか、触った感じ、
葉がマッチョになった?胸板が厚くなったような感じに
なっているのです。
胡蝶蘭 流木 空中栽培

株には変化はなく、
「芽根出ーる」というところまでにはいきませんが、
少なくとも状態が悪くなっていることはないようです。

もっと早くから使ってあげればよかったのかもしれませんね。

冬は湿度がとても低く乾燥しやすいので、メネデール薄め液の葉水は効果がありそうです。



マイクロ胡蝶蘭の栽培 12月 ビニールで保湿&流木につけ直し

胡蝶蘭の栽培
12 /21 2021
マイクロ胡蝶蘭 12月の育て方です。

気温が下がって成長がゆるやかになる時期です。
天気の良い日は窓際に置いて日光を当ててやります。
調子が良ければ花芽が出てくるころですね。


うちのマイクロ胡蝶蘭は、夏に受けたダメージが大きく、
葉と根の調子が復活しません。

以前あったメインの太い根は腐って枯れたので、
脇から生えた新しい根が伸びて、
メインの根になりつつあるようです。
↓もともとは、写真に書き込んだ線の所に
太い根がありました。
マイクロ胡蝶蘭 空中栽培

色々な根を触ってみると、スカスカして干からびているものもあったので、
今までは切らずに残していましたが、
死んでいる根っぽいので、
これはハサミで切って除去することにしました。

根を切る前に、ハサミはアルコールで消毒をします。
そして切りました・・・


2112062.jpg

新しい根は長く伸びていっているものの
全体的な根の本数は減ってきているので、
早く根の本数を増やしたいところです。

葉もほぼ1枚しかなく、冬にはいるためか
根の成長も止まっている気はします。

去年の冬は、夜間のみ浴室に置いて
保湿
をしていました。温かいし胡蝶蘭には良い環境だったようです。

最近は、乾燥を防ぐため、霧吹きで水を吹きかけるのに加え、
ビニールやラップで葉や根を包んで保湿を試みています。
これもまあまあ良いようで、葉が少しみずみずしくなった気がします。





マイクロ胡蝶蘭の栽培 11月 花芽が出ない

胡蝶蘭の栽培
12 /04 2021
マイクロ胡蝶蘭 11月の育て方です。

生育が順調ならば11~12月ごろに花芽が出てきて
春に開花します。

花芽が付くには条件があります。
まず生育が順調であり、
18℃くらいの気温で20日程度過ごす必要があります。

15℃以下になると成長は止まるようです。
ですから、この時期は暑すぎても寒すぎても
花芽が付きにくくなる可能性があるようです。

ちなみに、うちのマイクロ胡蝶蘭は…
マイクロ胡蝶蘭
昨年は11月に花芽が出ましたが、
今年は夏に色々失敗して傷めてしまい、
葉も根も生育が悪いため、花芽が出てきません。
おそらく2022年の開花は難しそうです。

10月から葉も根もほとんど成長していないのです。
しかも2枚のうちの1枚は黄変し始めています。

葉は1枚根元からちぎれてしまったし、
もう根に頼るしかない・・・。
マイクロ胡蝶蘭
空中栽培なので、こまめに霧吹きで水をかけても
かっさかさに乾燥します。
11月末からは気温がぐっと下がってきたので
葉水をして、ポリ袋でふわっと包んでいますが、
やはり、ずいぶん潤いが保たれます。

胡蝶蘭の寿命は10年、20年、もっと長持ちするものもあるというほどで、
生命力が強いです。
根を見ていると力強さを感じます。
マイクロ胡蝶蘭

葉がないのでは花芽を付ける元気もないだろうし、
来年の春に花は咲かない気がするので、
2022年は体力回復に専念し、
2023年の春に期待したいと思います。

マイクロ胡蝶蘭の育て方 10月 空中栽培 高温で大ダメージ

胡蝶蘭の栽培
11 /17 2021
10月のマイクロ胡蝶蘭の育て方です。

成長期なので、日光を当てて水分を与え、
適宜肥料を施します。


通常はそうなのですが、失敗して大ダメージを受けてしまいました。
マイクロ胡蝶蘭 栽培 空中
例年にくらべ、10月なのに真夏日が続き、
うっかりベランダに出していたら
弱ってしまいました。
晴れの日の午後に、葉を触ったら熱々・・・。これは良くないです。
そして、一番古い葉が黄変しました。こちらは葉の寿命が来ただけかもしれません。

また、9月に落下させてちぎれた葉も取れてしまい、

※ちぎれた葉(先月の写真)↓
マイクロ胡蝶蘭 空中栽培 育て方

緑色の元気な葉は、小さい葉2枚だけになってしまいました。
マイクロ胡蝶蘭 栽培 空中

この2枚の小さい葉も乾燥し始め、
張りとみずみずしさが失われてきて、ぺらぺらのシワシワになってきています。

マイクロ胡蝶蘭 栽培 空中

さらに、根も思ったように伸びていきません。

今までで一番弱っている状態です…。

霧吹きで葉と根に水をかけているのですが、
乾燥しがちで、あまり成長が進んでいない状態が
続いています。

10月はほとんど、この外観のままで、
良い変化は何もありませんでした。

反省点
・10月でもベランダは照り返しがきつく高温になりやすいので、胡蝶蘭を出さないほうが良い。
・乾燥に注意。





マイクロ胡蝶蘭の育て方 9月 空中栽培は難しい…?

胡蝶蘭の栽培
09 /20 2021
マイクロ胡蝶蘭 9月の育て方です。

8月、9月は気温が高いので
外には出さないほうがいいし、
水は朝晩の涼しいうちに与えたほうがよさそうです。
日の照り返しで、ガーデニング環境は軽く35℃を超えてしまいそう。
直射日光による葉焼け、高温による水草や根の蒸れにさえ気を付ければ
この時期は元気に育ってくれそうです。

とはいえ私は・・・

8月中に諸々の失敗をしてしまい、
よれよれの姿になりました。
よそ様の胡蝶蘭で、こんなボロボロの画像を
アップしているブログも見たことないですね。
お恥ずかしいですが、失敗例(それでも生きている)
の一つとして見ていただけると幸いです。
諸々の失敗とは・・・

マイクロ胡蝶蘭 空中栽培 育て方

空中栽培なので、流木に麻ひもをつけて
窓際など高くて風通しの良いところに
吊るしているのですが、
うっかり落としてしまいました。しかも手が滑って2回も。
落とした時の衝撃でと元気な新葉が1枚、根元から割れていて、
かろうじて5ミリほどの幅でつながっている状態に。
しかも、
どの葉にも傷ができてしまい、
葉は全体的にボロボロな感じになってしまいました。

マイクロ胡蝶蘭 空中栽培 育て方
空中栽培はさほど難しくありません。
ですが、吊るしている場合、落下には本当に気を付けないといけませんね。

古い葉は乾燥で長いことシワシワなので、
こちらは復活するのは諦めています。

新葉だけは厚くみずみずしい状態をキープしてほしかったのですが、
今にもちぎれそうなので、いずれ取れてしまうもしれません。
(ただ、この状態で3週間以上弱ることもなく、ずっと
イキイキしているので
葉の生命力はすごいと思いました。)

株自体は、まだ流木に着生している感じがないです。
マイクロ胡蝶蘭 空中栽培 育て方
根は、夏前までは太く良い根が3本くらいあったのですが、
蒸らした時に腐ってしまい、カットしたので
元気な太い根が残り1本になっています。
その1本の根が命をつないでいる感じ。
根から小さい根がちょこちょこ生えてきています。
マイクロ胡蝶蘭 空中栽培 育て方

もう少し気温が下がったら、根も生長し始めるでしょう。
9月は外に出していないので、
根が蒸れて腐ったり葉が茶色く焼けたりすることはありませんでした。
私のミスがなければ、無事に流木に着床してくれると思います。

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年

自力で趣味のサイトを手打ちで起ち上げ、今年で20年になりました。
その番外編ブログです。