fc2ブログ

ベランダ菜園 ベランダで育てやすい野菜は?団地で野菜を栽培

ベランダ菜園
05 /20 2005
ベランダでも
育てやすく丈夫な植物なら、
プランターで栽培をすることができます。

無農薬で育てれば、安心して
とれたての野菜が食べられますね。

経験上、ベランダで栽培に成功しやすい植物
  • サンチュ
  • はつかだいこん(ラディッシュ)
  • サニーレタス
  • えだまめ
  • ミニトマト
  • バジル
  • ルッコラ
  • ミント
  • パクチー(コリアンダー)

とくにおすすめなのはえだまめ、サンチュ、ベビーレタスです。

サンチュは、マンションのバルコニーでも簡単に栽培できます。
苗をもらったのでバルコニーに置いて毎日水をやっているだけですが、
失敗はなくスクスク育ってます^^

収穫は下から順番に葉をちぎっていきます。
食べたい時に食べたい分だけちぎっています。
どんどん上に新しい葉が生えてくるので
継続してサンチュが収穫できます。

焼き肉をまいたり、サラダに使います。
くせがなく柔らかいのでとても食べやすいです。

ベランダ菜園にはサニーレタスもおすすめです。
ただし、サンチュもサニーレタスもアブラムシがつきやすいので対策を。
うちは基本的に無農薬ですが、サンチュだけは薬が使ってあり、
全くアブラムシがついていません。
苗をくれた人が、アブラムシの薬(顆粒タイプ)をまいてくれてました。
ベランダ菜園 サンチュ


オクラも栽培して見ました。
結論として、団地のベランダで
オクラはプランターに植えて栽培することが可能です。

しかしながら初栽培は、実が1個なっただけでした。
1個では料理しにくいので、
スーパーからオクラを1ネットを購入してきました。

比べると大きさが全然違います。自家製のオクラは小さすぎます。

オクラは実がなったらすぐ収穫しないと
あっという間に大きくなってしまうと聞きますが、
うちのオクラはこの大きさになってから1週間くらい
そのまま成長止まっていました。
…やはりプランターで素人が作るのは、難しいのでしょうか。

味は…
市販のオクラは苦味があるのに対し、
自家製のオクラは苦味がなく、甘味もありました。
たいがい自家製の野菜は味もイマイチの事が多かったので
これは意外で、嬉しかったです。
でも1個しかならなかったのです。

オクラは簡単だったので、またチャレンジしたいです。


きゅうりとトマト(ミニトマト)は
病害虫さえ来なければOKです。
同じベランダ菜園でも、そのお宅のベランダの環境
(気候、方角、西日の強さ、風の通り具合など)
との相性もあるようです。

去年も栽培して成功したベビーレタスの種を蒔いたところ、
2日後にはビッシリ発芽していました。

これは巻かないタイプのレタス(サニーレタスなど)の色々な種類が
ミックスされた種で、
去年は大きくならないうちに収穫して
簡単に毎日食べることができました。

レタスはスーパーで買うとけっこう高く、
去年”元手”を取れた気がしたので今年も再挑戦した次第です。
(種はひと袋250円ほどです。)

ベビーレタス ベランダ菜園

また、ベランダのプランターに植えていたミニトマトは、
やっと1個赤くなりました。
ミニトマト ベランダ菜園

結実してこの大きさでグリーンのままの状態がけっこう
長く続いていました。
ずっと待って、やっと今日「1個」食せます。


失敗もあります…・。

1週間ほど、どしゃ降りが続きました。
その前は空梅雨で水不足が危惧されていて、
雨の降り始めの頃は「恵みの雨」と思えましたが、
こうも続いたので、ベランダのプランターに
植えている物がずいぶん腐りました。

根がやられたみたいです。

土にはなぞのキノコ・小バエ・カビがわんさか湧いていました。
残念です。

レタスのベビーリーフは思いきって全部抜いて、捨てました。
こんなことならもっと早目に収穫して食べておけば良かったです。

今後に大きく期待をしていたローマンカモミールも
すっかりダメになっていました。
また苗を買い直したいです。

失敗もありますが、いろいろ試してみるのが
良いかと思います。

テントウムシは益虫なので幼虫をとってくるのがおすすめ

テントウムシでアブラムシを駆除
05 /16 2005
アブラムシが好物なテントウムシの幼虫を5匹ほどとってきて
ミニトマトのアブラムシ駆除を開始しました。

近所の小学校の校庭からテントウムシ幼虫をとってきたのです。

テントウムシの幼虫は、黒にオレンジ色のラインが入って
毛虫に似ていてグロテスクです。

虫は苦手です。特にウネウネ系は。

しかし、驚いたことに、
益虫の赤ちゃんなだけと思えば、可愛くて手でいじれるようになりました。

ミニトマト テントウムシ アブラムシ

すると、ミニトマトの花芽や葉につき始めたアブラムシがみるみる
消えました!
…テントウムシは食欲旺盛らしい。
逆にアブラムシ不足でお腹すかしてるかもしれません・・・。

テントウムシの幼虫



幼虫はアブラムシを食べて成長すると、
背中を丸めるように動かなくなったと思えば、
そのまま硬く丸みを帯びたさなぎになります。

斑点の模様が何個ある成虫になるのだろう、
幼虫を見た限りでは検討がつかないので、
楽しみです。
テントウムシを育てると、こんな楽しみもあるのですね。

毛虫のような長いカタチの子供が、
丸くて可愛い形の大人になる事が不思議だったのですが、
さなぎを見ると、なんとなく納得できました。

テントウムシのさなぎは少し丸みを帯びて、
成虫に近い形をしています。
オレンジ色の体色に黒い斑点があります。

テントウムシ さなぎ


春はアブラムシ対策としてテントウムシをとってくることを
おすすめします。無農薬で花や野菜を守り、飼育も楽しめます。

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年

趣味のサイトを手打ちで起ち上げ、今年で20年になりました。
その「番外編」ブログです。