fc2ブログ

グッピーまたくっついた双子を生む

熱帯魚の飼育
11 /14 2010
昨日のグッピーの出産では、午前からかかって生まれたのが4匹でした。
 一晩明けて翌朝見るとなんと仔魚ちゃん大量♪
夜中にたくさん産んで♀のお腹はペッタンコになっていました。
15匹くらい増えたようです。
 今回も、お腹に双子が癒着した仔が数匹います。
小さいのがお腹に付いている仔は3匹くらいいて、
同じ大きさの仔が向い合せになってお腹で癒着している仔が1匹
(写真:底のやや左)にいました。
 まるで鏡に写したように2匹の同じ大きさの仔がぴったり
くっついていてお互い元気はありましたが、泳ぎがままならないので
ほとんど底に寝そべってたまに泳ごうとしていました。
(段々衰弱して死にました)
 2匹くっついた状態の仔は大きさ2倍、
娩出するのも大変だったと思います。
 これが出口に止まって昨日は時間がかかっていたのかもしれません。
guppy1111.jpg


グッピーの仔魚の腹に・・・

熱帯魚の飼育
11 /10 2010
先月中旬に生まれたグッピーの稚魚は
皆すくすく育っています。
ケースから出すと、成魚に食べられてしまうこともありますが
ほとんどの子がうまく隠れたりして生き延びているようです。
 本体のおなかに「動かない双子の片割れ」みたいなのが
くっついている稚魚が3匹ほどいます。
 最初見た時はなんらかの原因でくっついた双子で生まれちゃったのか、
見えている物は「本体の一部」にすぎないのか良く分からず、
でも2匹魚がいるように見える、不思議な子です。
 小さすぎてあまり確認できないながらに、
本体の成長と共にお腹に付いている小さい奴もちょっと大きくなり、
尾びれのようなものが見えて魚っぽいです。目や口はないように見えます。
 本体は食事も排泄もさしつかえなくやっていますが、お腹の奴とは
どうつながっているんでしょう。
写真に撮れないので描きました。
gu.gif





2010年の夏に生まれたカブトムシの幼虫すくすく育つ

カブトムシの飼育
11 /10 2010
2010年の夏に生まれたカブトムシの幼虫すくすく育っています。

11月10日
カブトムシ幼虫がマットの表面に出ていました。
今年の幼虫は例年のサイズより大きいです。





2010年2月
カブトムシの幼虫はマットの底にもぐっているのですが
マットが動いたとか糞が増えたなどの「動き」は感じられません。
冬なので動きが鈍いようです。

変化といえば、ケース越しに見えるマットの中の幼虫の
体の色がやや濃くなっていました。
じっとしているけど成長しているんですね。




5月5日
こどもの日。と言っても普通の静かな休日でした。
暇なので久々に幼虫の世話をしました。





6月16日

6月半ばといえば例年ならケースの底で蛹化済みのはずですが、
ここのところ、幼虫全員がマット上にいて、潜らないので心配していました。

ところが、今朝見たら一匹がマット上で蛹化の最中。体をくねらせて皮を脱いでいました。
ほかの幼虫も丸まったり伸びたりを繰り返しているので、蛹化しているのだと思います。

マットが蛹化に適しておらず困って出てきたのでしょう。
マットの上で蛹になった場合は、人口蛹室を作ってやらないといけないのでしょうか。

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年

趣味のサイトを手打ちで起ち上げ、今年で20年になりました。
その「番外編」ブログです。