fc2ブログ

ベランダのプランターから幼虫が出てくる 虫の種類は?

カブトムシの飼育
11 /18 2011
ベランダのプランターをひとつ、
植えていた植物が終わったので引っこ抜いて
土を掘り返していたところ、1匹の幼虫が
ごろりんと出てきました。

前にも、ハイビスカスの生育が
悪いと思ったら根っこにびっちりと
カナブンの幼虫がこびりついていたのが
原因ということもあったので、
そんなに驚かなかったのですが
カナブンの幼虫じゃなくて
カブトムシかクワガタの子でした。

うちで飼っているカブトムシの子たちよりも
まだ、ひとまわり小さいです。

ベランダでは、ケースでカブトムシの幼虫と、
クワガタ成虫のペアを飼育中ですが
それと関係あるのでしょうか。

クワガタはよく脱走するので
今はオスが行方不明で、以前はメスが
ベランダで見つかりました。

もしかしたらメスが産んだのかな?
と思ったりもするけど
今ちょっとどこの子か判別つかないので
クワガタの子だったらいけないから
カブトムシと別ケースで飼育しています。

ベランダ菜園 カメムシの適切な駆除法は

ベランダ菜園
11 /04 2011
最近カメムシをよく見かけます。

3444030_s.jpg

empathyさんによる写真ACからの写真

「秋にカメムシが多い年は大雪になる」と言いますが、迷信かもしれません。
これはあてにならないようです。
去年はカメムシが少なくても鳥取は記録的な豪雪被害を受けたからです。

カメムシの被害は、葉の汁を吸って農作物をダメにすることと、
あの強烈なニオイです。

カメムシの屁のにおいの主成分は「青葉アルデヒド」という、
キュウリやリンゴなどの植物に含まれる
草特有の、青くさいにおいです。
薄めると快い香り、濃いと刺激臭になるわけですね。

カメムシのにおいはパクチーに似ているともいわれますが
パクチーよりもはるかに重く臭く、質が悪いニオイです。

コリアンダー


秋は暖かい所にひそむので、ベランダに干している
洗濯物にたくさんくっついています。

すでにかなりの被害を受けています。
平べったいので気付きにくく、
くっついているのを知らずに取りこむと
カメムシが屁をこくので、
ぷーんと悪臭がただよいます。
しかもカメムシのにおいが一度付着すると、
数回洗濯してもにおいが取れない所が厄介です。

見つけたら即駆除しなければなりません。



カメムシの駆除法

屁をこかれたら一貫の終わりなので、
つぶしたり、たたいたりしてはいけません。

そっと捕獲して密封して捨てる

一番手軽で確実なのはガムテープで捕獲する方法です。

カメムシがいたらガムテープにくっつけてほかくし、
そのガムテープでカメムシが完全に隠れるよう
貼り付けてしまいます。
すき間なくガムテープを密着して、
なかにカメムシを封じ込めてしまえば
臭いも漏れません。
そのまま捨てるなり焼却処分するなりです。

実際にひなびた旅館などは、
どうしても窓の隙間からカメムシが侵入するため、
あらかじめ客室にガムテープが置いてある
ようです。


カメムシの発生を防ぐ方法には、イネ科の雑草をなくす
という方法があります。

あぜ道や河川敷などの雑草はイネ科が多いので
これを取り除くのはむずかしいのですが、
ハッカなどほかの科の雑草を植えれば
イネ科の雑草が減らせる
といった記事を新聞で読んだことがあります。


いもむしゴーロゴロ、カブトムシのマットをメンテナンスする

カブトムシの飼育
11 /03 2011
久々にカブトムシのマットをメンテナンスしました。
マットを新聞紙の上にひっくり返したら、幼虫がこんなにいました。



マットの半分近くがうんこでした。居心地が悪かったと思います。
もっと大きなケースにしてやらないと狭いかもしれません。


うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年

趣味のサイトを手打ちで起ち上げ、今年で20年になりました。
その「番外編」ブログです。