fc2ブログ

2010年の夏に生まれたカブトムシの幼虫すくすく育つ

カブトムシの飼育
11 /10 2010
2010年の夏に生まれたカブトムシの幼虫すくすく育っています。

11月10日
カブトムシ幼虫がマットの表面に出ていました。
今年の幼虫は例年のサイズより大きいです。





2010年2月
カブトムシの幼虫はマットの底にもぐっているのですが
マットが動いたとか糞が増えたなどの「動き」は感じられません。
冬なので動きが鈍いようです。

変化といえば、ケース越しに見えるマットの中の幼虫の
体の色がやや濃くなっていました。
じっとしているけど成長しているんですね。




5月5日
こどもの日。と言っても普通の静かな休日でした。
暇なので久々に幼虫の世話をしました。





6月16日

6月半ばといえば例年ならケースの底で蛹化済みのはずですが、
ここのところ、幼虫全員がマット上にいて、潜らないので心配していました。

ところが、今朝見たら一匹がマット上で蛹化の最中。体をくねらせて皮を脱いでいました。
ほかの幼虫も丸まったり伸びたりを繰り返しているので、蛹化しているのだと思います。

マットが蛹化に適しておらず困って出てきたのでしょう。
マットの上で蛹になった場合は、人口蛹室を作ってやらないといけないのでしょうか。
関連記事

コメント

非公開コメント

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年

趣味のサイトを手打ちで起ち上げ、今年で20年になりました。
その「番外編」ブログです。