fc2ブログ

カブトムシ幼虫の脱皮と幼虫の「顔」

カブトムシの飼育
10 /28 2007
カブトムシ 幼虫"

カブトムシの幼虫は2匹います。
1・5リットルペットボトル容器の中にマット(腐葉土)を入れて飼育しています。
幼虫は孵化した時期が違うので、大きさに差があります。

結局、卵は分っているだけでも20個以上は確認し、
孵化した幼虫の数も計10頭以上は見かけてきたのですが…
残ったのは2頭です。
もうこれ以上は減ってほしくない数ですよね、
でも、私はカブトムシ初心者なので不安です。

なんと珍しいものを目にしました。
カブトムシ 幼虫 皮"
マットをほじくる前、
マットに「顔」(顔の皮?黒い硬いの)が
まるごと落ちていたのです。

ビックリしました。
もしかして死ん・・・・

と思っておそるおそるマットをほじると、生きていました。

どうやら、幼虫は脱皮をするようです。
・・・もしかして脱皮で取れた顔の皮だったのでしょうか。
生きている幼虫の「顔」も、二頭とも健在でした(笑)

表面に出された幼虫たちは、迷惑げにもっそりもっそりともぐっていきました。

ところで、(大)のほうの顔の成長ぶりに驚いています。
急に強そうなあごになっていて、顔だけはもう成虫の顔と同じ質感でブラックです。

成長が嬉しい反面、あのカワイイぷにぷにしたビジュアルでは
なくなくなるのだと思うと、少し寂しい気持ちになりました。
関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年

趣味のサイトを手打ちで起ち上げ、今年で20年になりました。
その「番外編」ブログです。