fc2ブログ

2008年の夏もカブトムシが産卵

カブトムシの飼育
08 /28 2008

昨日、交尾中に相手のメスが死んでしまって
長時間アレが抜けなかったオスは
弱って死んでいるかと思ったら、元気に生きています。

大山(だいせん)からとってきた自然の腐葉土は、
土質が黒土で、霧吹きをしなくてもじっとり湿って
ケースの中は林のような匂いがします。
いかにも滋養たっぷりな感じです。
みみずやら芽が出た種やらいろいろな自然の恵みが
そのまま入っています。
もし、この腐葉土でカブトムシを育てたら
良い幼虫が育ちそうです。

カブトムシのメスが全滅したと思ったので、
卵がないか土を初めてほじくり返しました。
20080828081027
すると、大小さまざまな卵が数個見つかりました。

しかも、メスがまだ1匹土中にいました。
産卵中だったかもしれません、邪魔してゴメンね。

卵は空きプラケースに移し替えました。

ただ、カナブンやコガネムシも数匹同居しているので
小さい卵はカナブン・コガネムシのものかもしれないのです。
関連記事

うさ北

老舗の味
ウサギ飼育歴12年

趣味のサイトを手打ちで起ち上げ、今年で20年になりました。
その「番外編」ブログです。